電動バイクMotoEの2020年暫定カレンダーが発表。ヨーロッパで全6レース開催

 ドルナスポーツは9月23日、開催2年目となる『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)の2020年暫定カレンダーを発表した。

 2019年から開催が始まった電動バイクの新シリーズ『MotoE』は、イタリアの電動バイクメーカー、Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)のスーパーバイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイクで、タイヤサプライヤーはミシュランが担い行われている。

 チームは12チーム、18名のライダーで、MotoGPクラスの参戦チームからは各2名のライダー、Moto2クラスとMoto3クラスの参戦チームからは各1名のライダーがエントリーしている。

 2019年シーズンは、5月にスペインのヘレス・サーキットで開幕予定だったが、公式テスト中の火災で機材の大半が失われ、開催スケジュールが変更。7月開催のドイツから、オーストリア、サンマリノ、スペインの4ラウンドで6レースが開催されている。

 来季もMotoGPと併催で、5ラウンドで全6戦の開催が予定される。5月3日のスペインが開幕戦となり、フランス、オランダ、オーストラリア、サンマリノの5ラウンドで開催。サンマリノでは2レース開催予定だ。

 2020年シーズンのMotoEシリーズ暫定カレンダーは以下の通り。

■2020年MotoE暫定カレンダー(9月23日時点)

Round Day Country Course
1 5月3日 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト
2 5月17日 フランス ルマン
3 6月28日 オランダ TT・サーキット・アッセン
4 8月16日 オーストリア レッドブルリンク‐シュピールベルク
5&6 9月12~13日 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリ