ノリス「ガスリーからのプレッシャーに耐えて7位をつかんだ。いいレースができたと思う」:マクラーレン F1シンガポールGP

 2019年F1シンガポールGP決勝で、マクラーレンのランド・ノリスは7位だった。

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=7位
 最後にはいいレースができて、ポイントも稼げた。僕にできることは、ほとんどやりきったと思う。これ以上はないというスタートを切れたのに、前のドライバー全員のペースが遅くて、どうすることもできなかった。誰もがタイヤを守ろうとして、そういう戦い方をしていたんだ。

2019年F1第15戦シンガポールGP日曜 ランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1第15戦シンガポールGP日曜 ランド・ノリス(マクラーレン)

 その後、何度かセーフティカーが入って、救われたこともあれば、損をしたこともあった。つらかったのは、セーフティカーのおかげで、僕よりソフトで、しかもずっとフレッシュなタイヤを履いた(ニコ・)ヒュルケンベルグと(ピエール・)ガスリーに背後に迫られたことだ。特に終盤の数ラップは、かなりのプレッシャーをかけられた。結果として、プッシュすることを強いられたけど、それはむしろ楽しかった。それまでずっと、すごく遅いペースで、ただドライブしているだけのレースだったからね。

 今日は2台揃ってポイント圏内に入れると思っていたので、カルロス(・サインツJr)がスタート直後に、ヒュルケンベルグにヒットされたのは残念だ。チームとファクトリーの人たち全員のハードワークに、心から感謝したい。