MotoGPアラゴンGP:マルケス、グランプリ参戦200戦目を完ぺきなポール・トゥ・ウインで飾る。中上は粘りの10位

 MotoGP第14戦アラゴンGP MotoGPクラスの決勝がモーターランド・アラゴンで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝した。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は13位でフィニッシュしている。

 決勝日の午前中に行われたウオームアップ走行では、ウエットコンディション。しかし天候はこのときすでに晴れの方向に向かっていた。路面状況はセッション中、次第にドライへと向かっていき、Moto3クラスの決勝レースはドライコンディションで行われている。ただ、土日ともに午前中にはウエットコンディションとなる不安定な天候の週末となった。

 また、土曜日のフリー走行4回目で激しい転倒を喫し、左手首を骨折したポル・エスパルガロ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)の欠場により、12番グリッド以降のポジションが予選結果よりもひとつずつ繰り上がった。予選で14番手のタイムだった中上は、13番グリッドから決勝レースを迎えることになった。

 決勝レースは気温27度、路面温度32度のドライコンディションで始まった。ホールショットを奪ったのは、ポールポジションスタートのマルケス。2番手にファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続くが、3番手スタートのビニャーレスはスタートでひとつポジションを落として4番手。代わって3番手にはジャック・ミラー(プラマック・レーシング)が浮上する。

 オープニングラップには8番手スタートのフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が12コーナーで転倒。この転倒はモルビデリの後方にいたアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が接触したもので、リンスも大きくポジションを落とし18番手にまで後退している。一方、モルビデリはここでリタイア。この接触は、審議の対象となった。

 マルケスは1周目にして早くもハイペースを刻む。この周を終えて、2番手に浮上していたミラーとの間に約1.5秒の差を築くことに成功していた。マルケスは2周目にはファステストラップを叩き出し、序盤にして独走態勢に入る。

 序盤の2番手争いは、やや抜け出しつつあるミラー、それを3番手争いを展開しながら追うクアルタラロとビニャーレスによって争われた。ビニャーレスは6周目にはクアルタラロをとらえ、3番手に浮上し、ミラーを追いかける。クアルタラロのペースはやや苦しく、ミラーとビニャーレスをぴったりとマークできずにいた。

 その後方では、5番グリッドという上位スタートとなったアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)によって5番手争いの集団が形成されていた。

 6周目にはリンスに、『無責任な走行』によるロングラップ・ペナルティが科される。オープニングラップのモルビデリとの接触によるものだとみられる。リンスはこのとき、中上の前、12番手を走行していた。

 中上はオープニングラップで11番手にポジションを上げたものの、苦しい戦いが続く。7周目を終えて13番手を走行。前を行くリンスとの差も1秒以上ある状況だ。

 8周目、2番手争いを繰り広げていたビニャーレスがミラーをオーバーテイク。ビニャーレスはミラーを交わすと、その差を広げにかかる。トップのマルケスははるか4.5秒以上前方を独走中。

 2番手スタートのクアルタラロは3番手、4番手に後退したのち、さらに9周目、後方から追い上げてきたドヴィツィオーゾにもポジションを奪われた。5番手に後退すると、さらにその後ろにはアレイシ・エスパルガロとクラッチローが迫る。

 4番手に浮上したドヴィツィオーゾは3番手のミラーを追う。レース半分を終えた12周の終わりで、その差は0.5秒を切るまでになっていた。少しずつその差を削っていくドヴィツィオーゾ。15周目には、完全にミラーとテール・トゥ・ノーズの状態になると、ついにドヴィツィオーゾがミラーをとらえた。

 ミラーを交わして3番手に浮上したドヴィツィオーゾ。この時点で、トップのマルケスは6秒以上、2番手のビニャーレスは1秒ほど前を走行している。

■残り5周、ドゥカティ勢がヤマハのビニャーレスのポジションを奪取

 残り5周になると、2番手のビニャーレスと3番手のドヴィツィオーゾとの差が1秒を切るまでになる。さらにドヴィツィオーゾの約0.3秒後方には、ミラーが追従。ドヴィツィオーゾを逃さない。ドゥカティの同士対決、そしてヤマハのビニャーレスとの2位争いは終盤に向け続いていく。

 その後方では、中上を含むダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)、アンドレア・イアンノーネ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)、ミゲール・オリベイラ(KTMテック3・レーシング)による10番手争いが展開。中上はこの集団のなかで、ポジション争いを繰り広げる。

 2番手争いは、残り3周に変化を見せた。ドヴィツィオーゾがストレートの加速でビニャーレスを交わすと、2番手に浮上。さらにビニャーレスのすぐ後方にはミラーがつけており、ビニャーレスは苦しい防戦を強いられる。

 迎えた最終ラップ、ビニャーレスはブレーキングでミラーに交わされ、3番手に後退。ミラーは再び3番手のポジションを取り戻した。

 トップのマルケスは2番手以下に4.5秒以上のアドバンテージをもって、悠々のチェッカー。母国グランプリで2019年シーズン8勝目を挙げた。このアラゴンGPは、マルケスにとってロードレース世界選手権に参戦して200戦目の節目のレース。記念すべきレースを自身の勝利で華を添えた。

 2位はドヴィツィオーゾ。苦戦が続いたイギリスGP、サンマリノGPを払しょくし、3戦ぶりに表彰台に立った。3位に入ったミラーは、2019年シーズン3度目の3位表彰台獲得だ。

 4位はほとんどの周回で2番手を走りながら、終盤にポジションを落としたビニャーレス。5位には2番グリッドスタートのクアルタラロが入った。予選まで上位を席巻していたヤマハ勢がレースでは表彰台を逃し、一方で苦戦を強いられていたように見えるドゥカティ勢がレースでは2位、3位を手にする結果となった。

 中上は10番手争いの集団を制し、10位でフィニッシュ。中盤まで我慢のレースを強いられていたが、最終的にトップ10に食い込んだ。

 このアラゴンGPでマルケスが優勝を飾り、チャンピオンシップのポイントは300に積み上がった。ドヴィツィオーゾとの差は98ポイント。残りは5戦であることから、手元の計算では次戦タイGPでマルケスが優勝すれば、2019年シーズンのチャンピオン獲得を決めることになる。