ルクレールがトップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手【タイム結果】F1第15戦シンガポールGPフリー走行3回目

 2019年F1第15戦シンガポールGP土曜のフリー走行3回目はフェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手、アレクサンダー・アルボンは5番手に入っている。

 現地時間18時に始まったFP3は、気温31℃、路面温度40℃、湿度57%のドライコンディションでスタート。

 インスタレーションラップ後の序盤は、メルセデス勢のルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスは積極的に周回を重ねていく。

 20分経過し、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがコースインするも、リヤから煙を出して緊急ピットイン。ガレージではメカニックたちが慌ただしく動いており、予選に向けて心配になるトラブルだ。

 現状のトップはフェラーリのシャルル・ルクレールが1分39秒364、2番手ハミルトン、3番手ベッテル、4番手ボッタス。フェルスタッペンはまだタイムを出していない。

 セッション中盤に、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがターン21でウォールに接触、右リヤのタイヤがパンクし、ピットへ戻っていく。その際にホイールリムがコース上に落ちてしまい、デブリ除去のためバーチャルセーフティカー(VSC)が導入。しかし、VSCでは細かい破片を取り切れず赤旗が提示された。

 残り20分というところで赤旗が解除されセッション再開。さっそくアタックを開始したボッタスがルクレールのタイムを塗り替えトップ。フェルスタッペンは3番手に浮上。しかし、新品のソフトタイヤを履いたルクレールがすぐさまタイムを更新、1分38秒192でトップへ。

 メルセデス勢はハミルトンがアタックしようとアウトラップ走行中にスピン。ハミルトンは無事コースに復帰して走行を続続けたものの、スピンの影響でトラフィックに引っかかってしまい2番手タイム。

 フェルスタッペンも、トラフィックに阻まれタイム更新できず。トップはルクレールのまま変わらずセッション終了となった。

■F1第15戦シンガポールGP フリー走行3回目 リザルト

Pos No. Driver Team Time Laps
1 16 C.ルクレール フェラーリ 1’38.192 15
2 44 L.ハミルトン メルセデス 1’38.399 15
3 5 S.ベッテル フェラーリ 1’38.811 13
4 77 V.ボッタス メルセデス 1’38.885 16
5 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 1’39.258 14
6 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’39.366 9
7 55 C.サインツJr. マクラーレン 1’39.507 14
8 4 L.ノリス マクラーレン 1’39.709 13
9 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 1’40.118 15
10 3 D.リカルド ルノー 1’40.153 12
11 18 L.ストロール レーシングポイント 1’40.209 11
12 10 P.ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’40.339 15
13 7 K.ライコネン アルファロメオ 1’40.953 16
14 11 S.ペレス レーシングポイント 1’40.985 4
15 63 G.ラッセル ウイリアムズ 1’41.156 13
16 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 1’41.169 14
17 20 K.マグヌッセン ハース 1’41.494 12
18 8 R.グロージャン ハース 1’41.542 12
19 88 R.クビサ ウイリアムズ 1’41.954 13
20 26 D.クビアト トロロッソ・ホンダ No Time 3