スーパーGT:SUBARU BRZの山内英輝が一閃。2年連続でSUGO戦GT300ポールポジションを獲得

 スーパーGT2019年シーズン終盤戦の第7戦SUGOは9月21日(土)に公式予選が行われ、開幕戦岡山に続く予選Q1での組み分け方式が採用されたGT300クラスは、山内英輝のドライブで従来のコースレコードを大幅に塗り替えたSUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションを獲得した。

 明日の決勝に向けては台風17号の影響で雨の確率が高く、この日の予選も路面コンディションがどうなるかが危ぶまれたが、14時開始のGT300クラス予選Q1はドライ。終日の曇り空が続くスポーツランドSUGOの路面は25度と、ほぼ公式練習終盤から横ばいで推移。ウエットでの決勝を見据えて、少しでも視界の確保できるポジション、そして決勝を考慮外にした1発アタックに賭ける勝負が繰り広げられた。

 このSUGOでのGT300クラス予選Q1は、シリーズ3度目の組み分け方式が採用され、全長の短いトラック特性も考慮され、渋滞によるアタック不発やアクシデントの可能性を排除する措置が採られた。

 ランキング順で割り振られたA組、B組の各14台がそれぞれ10分間のセッションに挑み、上位各8台、計16台がQ2進出となるなか、まずはQ1A組からセッションが始まった。

■Q1 A組

 42kgものウエイトハンデを積みながら、午前の公式予選でも5番手と好調さを見せたARTA NSX GT3からコースインし、気温も20度を割り込む環境のなか、まずは各陣営とも入念にタイヤのウォームアップを進めていく。

 するとダンロップタイヤ装着のSUBARU BRZが1分18秒935でベースタイムを設定すると、直後にMcLaren 720Sが1分18秒124のタイムで、それを上回っていく。

 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rも計測1周目でベストを記録し4番手につけ、続く周回ではわずかにタイムダウンしたのに対し、ブリヂストン勢は連続アタックで2周目に伸ばしてくる傾向を見せ、ARTA NSX GT3が1分18秒341で2番手に浮上。LEON PYRAMID AMGも蒲生尚弥が最終アタックでカットラインをクリアする7番手にジャンプする。

 さらにセッション序盤で上位につけていたSUBARU BRZも、クールダウンを挟んだ2度目のアタックで1分18秒341へと自己ベストを更新し3番手へ。そのままチェッカーとなり、1アタックに賭けたマクラーレンのアレックス・パロウが首位通過。ARTA NSX GT3、SUBARU BRZ、リアライズ GT-R、そしてGAINER TANAX tripe a GT-Rのトップ5に、エヴァRT初号機 X Works GT-R、LEON PYRAMID AMG、TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの8台までがA組でQ1通過となった。

■Q1 B組

 続く14時18分からのQ1 B組は、Modulo KENWOOD NSX GT3を先頭にコースへ入ると、UPGARAGE NSX GT3、グッドスマイル 初音ミク AMGらヨコハマタイヤ勢が連なってウォームアップを進めていく。

 するとA組とは打って変わり、最初の計測周でそれぞれ1分18秒325、1分18秒689を記録したModulo NSX GT3大津弘樹と、初音ミク AMGの谷口信輝の両ヨコハマユーザーは、連続2アタックでさらにタイムを縮め1分18秒181、1分18秒357でGT3ヨコハマ勢がワン・ツー体制をキープ。さらに背後にはマザーシャシーのHOPPY 86 MCも続いてくる。

 カットライン当落線上にいた公式練習トップタイムのブリヂストン勢、K-tunes RC F GT3は、セッション残り30秒のところでショーン・ウォーキンショーがドライブする伏兵arto RC F GT3が4番手へと飛び込んだことで、土壇場でバンプアウト。K-tunes RC Fの新田守男は残り数秒でコントロールラインを通過し、最後の1ラップに望みを託すも自己ベスト更新はならず。ランキング3位のK-tunes RC Fが、まさかのQ1敗退となった。

 またランキング2位のマネパ ランボルギーニ GT3もQ1 B組13番手と苦戦を強いられ、Q2進出を逃している。

■Q2

 Q1 B組の5番手以降、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3、D’station Vantage GT3、RUNUP RIVAUX GT-R、そして31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTらも加えて、14時53分からいつもどおりの16台で争われたQ2は、同じく10分のなかで各車なんとかタイヤウォームアップを進めると、まずはModulo NSX GT3が1分18秒台をマーク。

 しかしすぐその背後、SUBARU BRZの山内が全セクターで最速タイムを更新して1分16秒834のレコードタイムでホームストレートを駆け抜け、後続に対し一気に秒差のギャップを築いてみせる。

 2番手には1分17秒台に入れてきた初音ミク AMGの片岡龍也や、D’station Vantage GT3のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、ARTA NSX GT3福住仁嶺らが入れ替わりでタイムを刻んでくるものの、最終的に2番手につけたARTA NSX GT3福住の1分17秒189のタイムでさえ首位には0.355秒と稀に見る大差でグリッドが確定。

 従来のコースレコード、1分17秒493を大幅に塗り替えて、唯一の1分16秒台となった井口卓人/山内英輝組が、2018年に続きSUGOでの2年連続ポールポジションを獲得した。

 日中10度台の肌寒い気温が続き、まとまった雨量も予測されるスポーツランドSUGOでの決勝レースは、22日14時から81周で争われる。