クビアト11番手「タイム改善の余地があるのは間違いない。バランス最適化が重要に」:トロロッソ・ホンダ F1シンガポールGP

 2019年F1シンガポールGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=9番手/2=11番手だった。
 FP1では26周のなかで1分42秒305(ソフトタイヤ)、FP2では32周を走り1分40秒713(ソフトタイヤ)をマークした。

2019年F1第15戦シンガポールGP金曜 ダニール・クビアト(トロロッソSTR14・ホンダ)
2019年F1第15戦シンガポールGP金曜 ダニール・クビアト(トロロッソSTR14・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト フリー走行1=9番手/2=11番手
 スムーズな金曜日を過ごした。2回のセッションのために予定していたプログラムを完了し、明日に向けてバランスをさらに向上させるため、やるべき作業があることも分かった。

 今日の仕事には満足している。マシンの最適化を進めるために、明日さらに多くのことを学んでいく。タイムを向上させる余地はまだあるから、それを見つけ出すために最善を尽くす。