最新の「鼓動デザイン」が与えられた新クロスオーバーSUVの内・外装デザインの魅力とは?【MAZDA CX-30登場】

●世界で最も美しい「クロスオーバーSUV」を謳う、CX-30

マツダからクロスオーバーSUVのMAZDA CX-30がデビューしました。CセグメントのMAZDA 3とプラットフォームを共有し、全長4395×全幅1795×全高1540mm、ホイールベース2655mmというボディサイズで、CX-3、CX-5の間に位置する新型SUVになります。

マツダCX-30
MAZDA CX-30の前後スタイリング

1540mmという全高、クロスオーバーSUVを名乗ることからも分かるように、ハッチバックと本格的なSUVの中間に位置するような背の高さで、全長4.4m、全幅1.8m、全高1.55m以下というサイズは、日本の駐車場や道路事情でも使いやすいサイズといえそうです。

Cセグメント級SUVは、トヨタC-HRやレクサスUX、三菱エクリプス クロスなどに加えて、サイズ感ではBとCセグメントの間といえそうなホンダ・ヴェゼルなどライバルは多く、輸入車も含めるとライバルはまさに多士済々。

マツダCX-30
1.8Lディーゼルは116PS/270Nmというアウトプット
マツダCX-30
156PS/199Nmの2.0Lガソリンエンジン

搭載されるエンジンは、2.0L直列4気筒の「PE-VPS」型の直噴ガソリンエンジン、1.8L直列4気筒ディーゼルの「S8-DPTS」型の直噴ターボ、詳細なスペックが未定となっているガソリンエンジンのHCCI(Homogeneous-Charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)「スカイアクティブX」が用意されます。

トランスミッションは、2.0LガソリンがAT/MT、ディーゼルがAT、スカイアクティブXがAT/MTを設定。

エクステリアデザインは、世界で最も美しい「クロスオーバーSUV」を謳い、実車は写真で見るよりもボディの面構成が美しいのが印象的です。MATUDA 3から新たな「鼓動デザイン」の新フェーズに入ったマツダだけに、まずはデザインが注目。

マツダCX-30
大きく寝かされたDピラーと、テールゲート下半分が直立したデザインが特徴

とくに特徴的なのがバックウインドウの下端が後退したフォルムで、Dピラーがかなり寝ている一方で、リヤバンパーから上のテールゲート下半分が直立しています。これにより、ルーフを後ろ下がりにすることなく、流麗なプロポーションを獲得。さらに、テールの下半分を後ろに引っ張ったような、直立した形状にすることで、荷室容量も確保し、実用性も兼ね備えています。

マツダCX-30
MAZDA CX-30のフロントビュー

さらに、ボディ下まわりをグルリと覆っている黒い樹脂部品でボディ下半分を隠し、ボディをスリムに見せる効果も狙ったそうです。四角い箱ではなく、リヤフェンダーを大きく張ることで、クロスオーバースタイルを強調。

マツダCX-30
ワイド感と「くびれ」が印象的なリヤビュー

リヤビューも印象的で、キャビンからその大きく張りだしたリヤフェンダーによりワイド感が強く、大開口部を備えたテールゲートでも、「くびれ」形状にすることにより、上下を分断して軽快に見せる効果も狙ったそう。

細部では、フロントフェンダーからタイヤハウスに抜ける空気の通り道(スリット)を設けることで、空力性能の向上を図るなど、美しいフォルムとCd値低減の両立を目指しています。

設定されるボディカラーは「ソウルレッドクリスタル」、「ポリメタルグレーメタリック」、「マシーングレープレミアムメタリック」など、全8色。

マツダCX-30
MAZDA CX-30のインパネ。適度な包まれ感と質感の高さが印象的
マツダCX-30
CX-5並のワイドなセンターコンソールと鞍をイメージしたセンターアームレスト

一方のインテリアは、「人馬一体」をテーマに、メータークラスターからドアパネルまで包みこむような造形が印象的で、乗馬の鞍をイメージしたという高さの幅のあるセンターコンソールのアームレスト(CX-5並のワイドなコンソール)に腕を置くと、高いクオリティを感じさせる空間になっています。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)