5ナンバーサイズに収まりながらもノーマル仕様よりもアクティブな外観が際立つ「フリード CROSSTAR」【新型フリード登場】

●SUVテイストのアグレッシブな外観でも5ナンバー枠を維持。

トヨタ・シエンタと共に、コンパクトミニバン市場を牽引するホンダ・フリードが2019年10月18日にマイナーチェンジを受けます。

すでにティザーサイトが開設されていますから、チェックしている方も多いはず。マイナーチェンジを控えているにも関わらず、2019年上半期ではホンダの登録車で最も売れているモデルになります。

ホンダ・フリード
2019年10月にマイナーチェンジを受ける新型フリードに新設定される「クロスター」

ここでは、新グレードの「CROSSTAR」をご紹介します。なお、CROSSTARのカタカナ表記(読み方)は「クロスター」になります。

子育てファミリー層を中心に支持されているフリードは、ホンダの登録車を代表するモデルになっています。5ナンバーサイズで駐車や狭い場所で取り回ししやすく、子どもでも乗降しやすく、電動操作にも対応する両側スライドドアを採用。

「クロスター」は、こうしたファミリーのニーズに応えつつ、クロスオーバースタイルを付加することで、空前のキャンプブームなどに代表されるアウトドアスタイル派も取り込もうという役割を担っています。

ホンダ・フリード
ホンダ・フリード「クロスター」のリヤビュー。5ナンバーサイズ枠に収まる

専用フロントマスクなどをまとう「クロスター」は、専用フロントグリル、フロントバンパー、前後ロアスポイラー、フロントフォグライト、サイドシルバーガーニッシュ、ルーフレール、専用アルミホイールを装備。

ホンダ・フリード
新型フリード・クロスターは専用フロントグリルなどでアグレッシブな雰囲気

さらに、ライセンスガーニッシュをダーククロームメッキ、ドアミラーとドアハンドルをシルバー塗装に変更することで、ノーマルグレードよりもアグレッシブなテイストに仕上げられています。

こうした装備でノーマル仕様よりも力強い雰囲気を醸し出している「クロスター」は、取り回しなどに配慮して3ナンバーサイズ化を避けていて5ナンバーサイズに収まっています。

ホンダ・フリード
ブラック基調の内装に、専用の「ローズウッド」パネルを組み合わせ、少し華やかになった「クロスター」

内装はブラック基調で、ローズウッドの専用インパネ加飾、シート表皮も織物/プライムスムース コンビになり、落ち着きがありながらもアクティブな印象をもたらしています。

SUVテイストが付加された新型フリード・クロスターは、3列6人乗り仕様(2列目キャプテンシート)のFF/4WD、2列5人乗り仕様のFF/4WDに用意し、1.5Lガソリン/1.5Lハイブリッドの両方に設定されます。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)