ディスプレイが大きくなった! アウディ Q5改良型のコックピットを撮影成功

●新エンジンの追加もあり? アウディ Q5改良型の最新情報

アウディのミッドサイズ・クロスオーバーSUV「Q5」改良型の最新プロトタイプをキャッチするとともに、コックピットの撮影に初めて成功しました。

アウディ Q5内観_002
アウディ Q5 改良新型 プロトタイプ

室内には、大型の高解像度タッチスクリーンがダッシュボードに装備されています。現行モデルでは8.3インチですが、改良型では10.1インチと噂されています。またMMIインフォテインメントシステムのソフトウェアの更新が見込まれるほか、トリムの色などがリフレッシュされるでしょう。

アウディ Q5外観_001
アウディ Q5 改良新型 プロトタイプ

最新プロトタイプはカモフラージュも軽度のため、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト、ワイドなメッシュグリル、再設計されたコーナーエアインテークやバンパー、スキッドプレートなどが確認できます。リアエンドではテールライトやエキゾーストパイプも改良されているようです。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン/ガソリンターボエンジンのほか、最高出力300psを発揮する3.0リットルV型6気筒ガソリン+電気モーターの「50 TFSI e」、最高出力362psを発揮する「55 TFSI e」などプラグインハイブリッドがキャリオーバーされる見込みですが、新エンジンの追加も噂されています。

ワールドプレミアは2020年前半に期待できそうです。

(APOLLO)