遠くへ行きたくなるコンパクトSUV、ジャガー E-Pペイス【注目モデルとドライブデート!? Vol.15】

●百花繚乱のSUV。ジャガーの出した回答とは?

「またクルマを換えたんだ?」

待ち合わせ場所でクルマに乗り込んだ彼女はまずそう言った。そして、続けた。

E-Pace
ジャガーEペイス

「このクルマなら私も運転できるかも。小さいし、まわりがよく見えるからね。」

阿久津真央
阿久津真央とEペイス

新しいクルマはジャガー「Eペイス」。イギリスの高級ブランドであるジャガーのコンパクトSUVだ。

ジャガーはつい最近まで、スポーツカーとサルーン&ワゴンしかラインナップしていなかった。しかし、昨今のSUVブームを受けてSUVにも手を広げた。第一弾は2015年にデビューした「Fペイス」。そして、このEペイスはジャガーのSUVの第2弾だ。

Eペイス
Eペイスのサイドビュー

EペイスとFペイスの大きな違いは、車体のサイズ。全長4.7mのFペイスに対してEペイスはわずか4.4mしかなく、比べるとかなりコンパクト。国産車でいえばホンダ・ヴェゼルと同じくらいだ。

ジャガーにとってこのEペイスはコンパクトSUVへのチャレンジというだけでなく、ジャガー史上最も小さな車体である。だから「ベイビージャガー」という、ジャガーがこのEペイスにつけたキャッチコピーは実に分かりやすい。

Eペイス
リーピングキャット
Eペイス
Eペイスの走り

彼女は運転免許を持っているけれど、頻繁にクルマを運転するわけではない。だから大きなクルマには苦手意識を持っているようだ。だけどこのEペイスなら車体が小さいから、「私でも運転できるかも」というわけ。

車体が小さいとはいえ、着座位置はしっかりSUV。だからアイポイントが高く、まわりがよく見える。そんな見晴らしの良さも、彼女が「運転しやすそう」と感じた理由だろう。

阿久津真央
「運転できるかも?」

だけど、そんな彼女が気づいていないことがある。それは、このEペイスの走りがとてもスポーティだということだ。

いまは売れ筋となったコンパクトSUVは、たくさんのメーカーが次々とニューモデルを投入する市場となっている。まさに百花繚乱だ。しかし同時に、ライバルとどう差をつけて、個性を見せていくかが各ブランドの腕の見せ所である。

Eペイス
スポーティなホイール

そんななか、ジャガーはどうしたか? とびきりスポーティに仕立て上げたのだ。そのスポーティ感は見た目だけに留まらず、走りの味付けもそう。アクセルを踏んだ時の鋭くエンジン回転が上がってググッと加速する感覚も、ハンドルを切ったときのギュッと向きを変えるSUVらしくない挙動も、まるでスポーツカーのようだ。

Eペイス
ジャガーエンブレム

見た目はSUVだけど、中身はスポーツカー。それがEペイスというクルマなのだと思う。

Eペイス
E-PACEのエンブレム

ところで、車体サイズ以外にもこのEペイスと兄貴分のFペイスには大きな違いがある。

Eペイス
横置きされたエンジン

それはベースの駆動方式で、Fペイスはエンジン縦置きのプラットフォームを組み合わせた後輪駆動ベースのAWD(四輪駆動)だけど、Eペイスはエンジン横置きのプラットフォームによる前輪駆動ベースのAWDなのだ。デザインや味付けは全く異なるが、メカニズム的にいえばFペイスの構造はレンジローバー・イヴォーグの先代モデルと共通部分が多い。

阿久津真央
「遠くまで行こうよ!」

「今日は遠くまで行こうよ。このクルマのこと気に入ったから」

そういう彼女の表情は、なんだか楽しそうだ。(つづく)

Eペイス
インパネまわり
Eペイス
メーター類
Eペイス
5V電源
Eペイス
センターコンソールの液晶ディスプレイ

(文:工藤貴宏/モデル:阿久津真央/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)