WEC:グリッケンハウス、開発進める“ハイパーカー”の最新レンダリングを公開

 ジェームズ・グリッケンハウス率いるアメリカのスポーツカーコンストラクター、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は9月18日、WEC世界耐久選手権参戦用に開発を進めている『SCG 007』の最新レンダリングをSNSで公開した。

 独自のスポーツカーやスーパーカーの製造・販売に加え、ニュルブルクリンク24時間レースに参加するなどモータースポーツにも積極的な姿勢をみせるSCG。アメリカに本拠を置く同メーカーは2018年7月、暫定的に“ハイパーカー規定”と呼ばれているWECの2020/2021年規定に合致した車両を開発し、世界選手権とル・マン24時間レースに挑戦することをアナウンスした。

 また、SCGはこの発表に合わせて競技用ハイパーカーのイメージCGを公にしていたが、今回その最新版が新たに公開されている。

 SCGの公式SNSで披露されたSCG 007の新デザインは、以前のものに比べるとプロトタイプ感が薄れロードカースタイルが強調された印象だ。その際たる要素はリヤのデザインで以前は直線的なラインで構成されていたリヤ周りが、上方に絞られるかたちで湾曲したリヤウイングステーを中心に全体的に丸みを帯びている。

 また、モノコック上部のエアインテークから伸びていたシャークフィンが姿を消している点もこれに拍車をかける。一方、フロント側は細かな変更が見てとれるものの、そのコンセプトは踏襲されているようだ。

 SCGのグリッケンハウス氏は今年6月、ハイパーカー規定下でのプログラム詳細を明かし、その際にエンジンはV6ツインターボで他メーカーから供給を受ける計画であることを明言していた。今回の発表ではエンジンの排気量が3.0リットルとされたが、それ以上の情報は開示されず。また、「搭載したい」としているハイブリッドシステムについても言及されなかった。

 なお、SCGは自社としての参戦に加えてカスタマーマシンを他チームに供給することを視野に入れているといい、さらにSCG 007の限定版ロードカーの製造も行う予定だ。