「スイフトスポーツじゃない、素のスイフトに個性と力強さを!」ボーダーレスのエアロブランドが仕掛ける!

「スイフトスポーツじゃない、素のスイフトに個性と力強さを!」ボーダーレスのエアロブランドが仕掛ける!

あえてスイフトXL/XGをメインターゲットに展開!

新ブランド“タケトラ”が魅せるエアロカスタム

国内外のスペシャリストが強力タッグを組み、新たに立ち上げた話題のエアロブランドが“TAKETORA(タケトラ)”。その第1弾として製作されたのが、スイフト用エアロ「LUXURY SPORT DESIGN BODY KIY」だ。

スイフトのカスタマイズというと、どうしてもスイフトスポーツやRS系が中心となってしまいがちだが、タケトラが注目したのはXL/XGをはじめとした、いわゆる素のスイフトたち。

これらのモデルも、基本的にスポーツ系と同じプラットフォームを採用しているだけに高い基本性能は変わらないというお得なモデル。そんな素のスイフトは日本国内でこそ盛り上がっていないが、すでにアジアを中心とした海外では超人気のカスタムベースとなっていたりする。

タケトラのアイテムはフロント/サイド/リヤアンダー/リヤウイングのセット販売(未塗装17万2800円/塗装済19万4400円)のみとなっており、素材はアフターマーケット界でよく見るFRPではなくABS材を採用。これによって軽量さと、抜群のフィッティングを実現することに成功している。

そしてデザインは決して派手すぎず、それでいてノーマルとは確実に差別化をはかることができる。フロントに配された左右それぞれ5連となっているデイライトはもちろん、ルーフスポイラーとリヤウイングを一体成型にすることで、ノーマルの取り付け穴をそのまま使うことができるリヤセクションも注目だ。

エアロキットと同時にデビューとなる『TAKETORA EXCUSE EXHAUST SYSTEM』はNITTO社との共同開発。細部までこだわった美しい仕上がりで、価格は9万7200円となっている。

現在、日本発売に向けて最終的な準備に入っているタケトラ。これまでなかなか本格的なチューニングに取り掛かれてなかったスイフトオーナーにとって、待望のアイテムが間もなく登場するのだ。