「ストレッチしても5ナンバー枠に収まった全長」バブルが生み出した摩訶不思議な1台!コロナスーパールーミー【ManiaxCars】

「ストレッチしても5ナンバー枠に収まった全長」バブルが生み出した摩訶不思議な1台!コロナスーパールーミー【ManiaxCars】

室内長は、なんと先代センチュリーを超えている!!

限定500台、ホイールベースを210mm延長

上からクラウン→マークII→コロナ→カローラ…と、トヨタ車ヒエラルキーの一翼を担ってきたコロナ。会社の役職に置き換えたら、たぶん堅実な係長クラスになるんだろうけど、バブル景気で日本がウカレてた9代目T170系の時代、突如としてオカシなモデルが追加された。それが1990年に登場したコロナスーパールーミーだ。

Bピラー部を210mm延長した500台の限定モデル。その最大の特徴となるのがBピラーのストレッチ部で、さすがはトヨタクオリティ。どこで継いでるのかまったく分からず、室内側はドアトリムと同じ素材で仕上げられる。また、サイドビューが引き締まって見えるよう、ウインドウにはオーナーがスモークフィルムを貼っている。

当時、すでに国産車のストレッチリムジンはY31セドリック/グロリアにロイヤルラウンジ(なんとホイールベース+600mm、汗)やブロアムL(同+150mm)が存在し、のちにはプラウディアのストレッチ版と言えるディグニティ(同+285mm)なんかも出てきたけど、どれも3.0Lクラスの高級セダンであって、2.0Lクラスの大衆車=コロナがベースのスーパールーミーは、5ナンバー枠に収まったボディサイズを含めて極めて異色の存在だった。

というか、なんでこんなモデルを作ったのか、トヨタの意図がまったくもって理解不能。唯一考えられるのはカネ回りの良い時代だったから、思いつきとその場の勢いで「こんなん出してみちゃおっか? 限定モデルだったらイケるでしょ!!」なんて軽いノリで開発、生産、発売しちゃったんじゃないの?? と、勝手に想像している。

「うわー、コロナなのにボディ長すぎ」ってのが実車を前にしての第一印象。取材車両は車高を落としてることもあって、その長さがさらに強調されてる感じだ。クルマの特徴をより引き出すモディファイとして、これは◎。フロント&リヤ周りはただのコロナとまるで区別がつかないあたり、変態グルマ好きの琴線にビンビン響くけど、「実は上が白、下がシルバーのボディ色はスーパールーミー専用。オールペンされちゃったクルマも多いですけど、ノーマルだったら一発でわかりますよ!」とオーナーの平間クン。なるほど、これまた変態グルマ好きの飽くなき知識欲を満たしてくれるコメントじゃないですか!

外装をナメ回すように見たら、つぎは室内だ。ステアリングやペダルが交換されてるけど、ダッシュボード周りの眺めは素のコロナと全く同じ。スーパールーミー的な演出は見当たらない。

気になるのは、なんといっても後席の居住性だ。おもむろにリヤドアを開けて座ってみると、ホイールベース+210mmの恩恵はすさまじく、足元が信じられないくらい広い(汗)。それも、余裕で足を組めるなんて生易しいレベルじゃなく、フロアに体育座りして乗っていられそうなほど…と表現すれば、広さをイメージしてもらえるだろうか?

さらに、前席のヘッドレストを抜いてフルリクライニングさせると、見ての通りフラット化も可能! 210mmストレッチの恩恵はデカイ。また、取材車両には装着されてなかったけど、センターアームレストの上に装着するテレビもオプション設定されていた。

いやはや、後席の居住性は想像をはるかに超えていた。さらに調べてみたところ、コロナスーパールーミーの室内長2120mmって数値は、同じ時代の10系セルシオの2010mmを10cm以上も上回るどころか、先代センチュリーの2045mmさえ大きく凌ぎ、初代レクサスLSの2150mmに肉迫するという驚愕の事実まで発覚したのだ!

トヨタ車ヒエラルキーをブチ壊す意外な伏兵、コロナスーパールーミー。政治家とか会社社長とかおエライさんの方々~、後席でゆったりくつろぎたいならセルシオやセンチュリーに乗ってる場合じゃないですよ(笑)。

試乗は高速がメイン。カタログ値125psの3S-FEは、数値以上の力強さを感じさせながら加速していく。100km/h巡航時のエンジン回転数は2400rpm。2.0L NAの4速AT車としてはかなり低めに抑えられ、静粛性にも燃費にも大きく貢献してくれている。

が、なにより感心したのは、ロングホイールベース化が効いてるであろう直進安定性の高さと上質な乗り心地に尽きる。そこに大衆車コロナの面影はなく、目をつむればまるでマークII…いや、クラウンに乗ってるかのようなフィーリングを味わえると言っても過言じゃない。って、オレは運転してたから目をつむるワケにはいかなかったけど、そういう乗り味であることは確かだ。また、ストレッチに伴うボディ剛性の低下も皆無。路面のうねりやギャップ通過時に、ヨレやねじれを感じることがなかったことを付け加えておこう。

一般道に降りてオーナーの平間クンに運転を代わってもらい、「ぜひ体感しておかなければ!」と思って後席へ。いや~思う存分足を伸ばせるってのはすばらしい! ふんぞり返って座っても、まだ足元に余裕があるし。

唯一、5.8mという最小回転半径がタマにキズだけど(センチュリーの5.7mよりデカイ)、ボディ自体は5ナンバーサイズだし、まぁそこは慣れの問題ってことにしとけば良いか。

ただでさえクオリティが高いトヨタ車なのに、その上、開発費をふんだんにかけられた時代に誕生したコロナスーパールーミー。変態グルマでありながら、実は至ってマジメに作られてるというギャップがたまらないのだ!

■SPECIFICATIONS

車両型式:ST171改

全長×全幅×全高:4690×1690×1370mm

ホイールベース:2735mm

トレッド(F/R):1470/1440mm

車両重量:1190kg

エンジン型式:3S-FE

エンジン形式:直4DOHC

ボア×ストローク:φ86.0×86.0mm

排気量:1998cc 圧縮比:9.3:1

最高出力:125ps/5600rpm

最大トルク:17.2kgm/4400rpm

トランスミッション:4速AT

サスペンション形式(F/R):ストラット

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ドラム

タイヤサイズ(F/R):185/65R14

●TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)