そろそろ本気で考える時期! 今年の冬用タイヤどうしよう!! コンチネンタルから新作スタッドレスタイヤ登場

凍結路面でもパフォーマンスを最大限に発揮する
ニュースタンダードスタッドレスタイヤ新登場!


Continental/NorthContact NC6
コンチネンタル/ノースコンタクト NC6


コンチネンタル ノースコンタクト NC6 スタッドレス 冬用タイヤ 2019年
コンチネンタルタイヤは、過酷な日本の凍結路面でのより安全、より安心を目指して氷上性能を向上させたニュースタンダードスタッドレスタイヤ「NorthContact NC6(ノースコンタクト・エヌ・シー・シックス)」を2019年9月より順次販売する。

発売サイズは15インチから22インチまでの39サイズで、今後もサイズ拡大を予定。価格はオープンプラスとなる。

日本の降雪エリアの需要とスタッドレスタイヤに求められる性能に積極的に応えるため、最重要性能である氷上性能に注力。その優れたウインター性能とドライ路面でのハンドリング性能で高い評価を得ていた従来品「ContiVikingContact 6」から、先進タイヤ技術を用いて氷上性能を大きく向上させている。

また、高まる環境への関心に配慮し、燃費性能も大きく改善されている。

低温化でもゴムを柔軟に保ち、高性能を長く維持する「ノルディック・コンパウンド+」。凍結路面での強力なグリップと優れたブレーキ性能を実現させる独自の左右非対称パターン「ゲッコー・グラブ・パターン」を採用。ヤモリ(ゲッコー)の足の裏のように多数の溝とサイプを配置。ショルダー部のブロック溝には1つおきに左右のショルダーでオフセットにように“3D・トライアングル・エッジ”を入れ、雪柱せん断力を増大させ、雪上路面でのグリップ性能を強化。

ブロックの外側に配置した傾斜の強い波形サイプでタイヤのひっかき効果を高め、コーナリング時のサイドグリップを向上、さらに氷上路面の液状層を破断・除去し、アイスグリップを強化するため、ショルダー部の内側にある横に長いサイプを入れる。このパターンにより、ガラスの上を這うことができるヤモリのような強力な総合グリップ力を実現させている。

またジグザグの千鳥状に配置された溝がノイズ周波数を分散、耳障りなノイズピークを抑え、ショルダー部のブロック幅を変えることで路面と接触する際に発生する打撃音の発生タイミングをずらし、ドライバーが不快に思う単一的で高い音のパターンノイズを聞こえずらくし、静かで快適なドライビングを実現する。

凍結路面での強力なグリップと優れたブレーキ性能を実現する「ゲッコー・グラブ・パターン」。ゲッコー(ヤモリ)のような足の裏を再現。

ショルダー部のブロックの溝には1つおきに左右のショルダーでオフセットになるような「3D・トライアングル・エッジ」、引っかき効果を高める傾斜の強い波形サイプ、ショルダー部の内側にある横に長いサイプを採用。

「千鳥トレッド・パターン」により耳障りなパターンノイズを抑え、快適なウインタードライビング、高い静粛性を実現する。

「NorthContact NC6」発売サイズ表

問:コンチネンタルタイヤ・ジャパン
https://www.continental-tire.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]