コンチネンタル、ネットワークとタイヤを繋ぐ新技術を発表

コンチネンタル、ネットワークとタイヤを繋ぐ新技術を発表

Continental Conti C.A.R.E.

コンチネンタル コンチ・ケア

内蔵センサーを用いて包括的なタイヤ管理を実現

コンチネンタルはフランクフルト・モーターショーにおいて、ホイールやタイヤ技術のネットワークを緻密に調整し管理する包括的なシステム「Conti C.A.R.E.(コンチ・ケア)」を発表した。

「Conti C.A.R.E.」はConnected(接続)/Autonomous(自律)/Reliable(信頼)/Electrified(電子化)を意味し、電気・自動運転の要件と綿密に連携するための取り組みと技術システムを指す。 システムの根幹はタイヤ構造内に組み込まれたセンサーが担い、このセンサーはトレッドの溝の深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータを測定・生成し継続的に評価。このタイヤ監視システムはContiSense(コンチ・センス)と名付けられ、webベースのアプリ、ContiConnectLive(コンチ・コネクトライブ)と連動する。

その結果、車両管理者がモビリティの運営・管理を効率的に行えるようになり、コストの最適化やパフォーマンスの向上など、特に最新のロボタクシー車両向けに柔軟なシステムソリューションを提供する。

もうひとつの革新的なアイデアとして、コンチネンタルはタイヤの空気圧を能動的に調節するシステムを提案。これはホイールに遠心ポンプを組み込むもので、車両が加速する際の遠心力によってポンプが圧縮空気を生成、これを利用して常に最適なタイヤ空気圧を維持する。余分な圧縮空気は一体型タンクに保管され、増圧技術によって様々な運転状況に応じてタイヤ空気圧を即時に調節するために利用される。

いずれもホイールとタイヤの電動化・コネクティビティによって、持続可能なタイヤ管理を可能にする技術だ。