ヴィジョン メルセデス シンプレックス 公開! 近代自動車の祖メルセデス 35hpをオマージュ

ヴィジョン メルセデス シンプレックス 公開! 近代自動車の祖メルセデス 35hpをオマージュ

Vision Mercedes Simplex

ヴィジョン メルセデス シンプレックス

メルセデス・ベンツの伝統と未来を具現化

「デザイン エッセンシャルス 2019(Design Essentials 2019)」において、メルセデス・ベンツ・デザインは、高級ブランドとしてのメルセデス・ベンツの伝統と未来を具現化した「ヴィジョン メルセデス シンプレックス」を発表する。このデザインコンセプトは、デザインとテクノロジーの新しい時代への移行を象徴し、同時にブランドの歴史的な遺産と誕生へのオマージュでもある。

自動車の歴史に革命を起こした「メルセデス 35hp」

1901年春、自動車の歴史が大きく変わった。フランス・ニースのレースウィークにおいて、誰もが観たことのないようなクルマが登場したのだ。それは、現在のメルセデスの前進であるダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトがオーストリア=ハンガリー帝国出身の富豪エミール・イェリネックの提案により開発した高性能車だった。

このメルセデス 35hpは、初めてイェリネックの娘メルセデスにちなんで名付けられたモデルでもある。そして、それまでの馬車に発動機を取り付けた自動車ではなく、近代的な自動車としてのレイアウトを生み出すことに成功し、レースウィークを圧倒的な強さで支配した。このレースは、メルセデス・ベンツ・インターナショナル・デザインセンター・ヨーロッパのあるニース近郊で行われた。

ほぼ120年前、それまで馬車の床下にエンジンを取り付けた旧態然とした自動車は、高性能軽量エンジンをフレーム下部に搭載し、ボディ前面にラジエーターを配置したデザインへの変革の時を遂げた。メルセデス 35hpは、その後の自動車の雛形となり、ダイムラーだけでなく、他の自動車メーカーも追随することになった。この1世紀以上前に初めて登場したレイアウトは、今日でもすべての自動車の技術的基盤となっている。

“ラグジュアリー”の概念がどのように変化したかを提示

ヴィジョン メルセデス シンプレックスは、この歴史的な事実を思い起こさせ、当時の先駆的な精神とスタイリングの特徴を伝えている。そこには贅沢と革新への情熱こそが、メルセデス・ベンツ・ブランドのDNAの一部だというメッセージが込められており、メルセデスが今後も自動車に変革を求め続けていくことを示しているという。

メルセデス・ベンツのチーフデザインオフィサーを務めるゴードン・ワグナーは、ヴィジョン メルセデス シンプレックスについて以下のように説明する。

「メルセデス・ベンツというブランドだからこそ、過去の歴史と未来をつなぐことができます。今回、発表した『ヴィジョン メルセデス シンプレックス』は、このブランドにおける“ラグジュアリー”という概念が、どのように変化してきたのかを象徴しています」

歴史的な名車のディテールを再解釈したデザイン

今回、歴史的なメルセデス 35hpを、自立型ホイール、代替パワートレイン、革新的なユーザーインターフェイスを採用し、スリリングなデザインの2シーターとして再解釈した。四隅に大径ホイールを備え、その中央に水平基調のモノコックとコクピットを配置。ホワイトとブラックの垂直な切り返しは、かつての名車から取り入れられている。

過去へのオマージュとデジタル化を象徴するラジエターグリル

ラジエターは、フレームをロゼゴールドとしており、これはメルセデス 35hpのブロンズラジエーターグリルを連想させるものだ。開口部にはレンズ形状のブラックパネル&3Dディスプレイを配置。かつて使用されていた“Mercedes”のロゴが映し出されるほか、車両に関する情報をアニメーションで表示することもできる。これは、メルセデスがデジタル時代に対して柔軟に対応していることを表現しているという。

メルセデス 35hpと同様に、フロントのウインドスクリーンは省かれた。フロントセクションからインストゥルメントパネルまではシームレスなデザインを採用。リヤセクションにはスリムなテールランプが水平に組み込まれており、その上部はパッセンジャーを繭のように包み込むような形状となっている。また、テールエンドには荷物を積み込むことができるレザーバッグが取り付けられた。

コートダジュールをイメージした青と白のインテリア

インテリアもメルセデス・ベンツのあらゆる成功の歴史、そしてメルセデス 35hpに端を発するレーシングカーのDNAへのオマージュとしてまとめられた。ステアリングコラムとインストゥルメントパネルのスイッチは、オートバイと船舶からインスピレーションを受けている。

ベンチシートは高級家具をイメージしており、手作りのチェスターフィールドのキルティングは、クラシックかつ豪華なハンドメイドの現代的な解釈となる。ブルーとホワイトを基調としたインテリアカラーは、地中海のコートダジュールから触発されたものだという。