ノヴィテック「ランボルギーニ ウルス」登場! 最高速度310km/hを誇る最強SUV

ノヴィテック「ランボルギーニ ウルス」登場! 最高速度310km/hを誇る最強SUV

NOVITEC Lamborghini Urus

ノヴィテック ランボルギーニ ウルス

ノヴィテック流のエッセンスを加えたワイドボディ

スーパースポーツのチューニングカーを展開する、ドイツの「ノヴィテック(NOVITEC)」がランボルギーニ ウルスのカスタマイズ プログラムを発表した。ランボルギーニ初のスーパーSUVに搭載される4.0リッターV型8気筒ユニットを、最高出力575kW(782hp)&最大トルク1032Nmにまで高めるだけでなく、南ドイツのエッセンスを加えた迫力のワイドボディも同時に発表された。

ベースモデルから132hpのパワーアップを実現

478kW(650hp)を発揮する4.0リッターV型8気筒をベースに、ノヴィテックのエンジンスペシャリストは、3つのレベルのパフォーマンスキットを用意した。「ノヴィテック Nトロニック・コントロール」ユニットを搭載し、ウルス専用に新らたなECUマッピングを開発。パワーアップと太いトルクを実現し、最高出力は549〜575kW(747〜782hp)というメニューから選ぶことができる。

最も高性能なレベル3では、ベースモデルから実に132hpもの出力向上を果たし最高出力782hp、最大トルクも182Nmアップの1032Nmを実現する。8速オートマチックトランスミッションを介して4輪を駆動し、0-100km/h加速はわずか3.3秒。最高速度はスーパースポーツをも凌駕する310km/hに達する。

風洞施設で微調整された「ESTESO」ワイドボディ

パワートレインだけでなく、エクステリアも徹底的に拘りを持って開発された。フェラーリ、マクラーレン、ランボルギーニのスーパースポーツ用パーツの開発で蓄積されたノウハウは、このスーパーSUVでも迫力のワイドボディで発揮されている。

風洞施設により細かい調整が行われた「ESTESO」ワイドボディバージョンは、ノヴィテックらしさを体現。ベースモデルへの正確な装着感、塗装、取り付けの容易さに関してもノヴィテックの厳しい基準をクリアした。この結果、14パーツから構成される「ESTESO」ボディ変換キットは、ドイツ・シュテッテンのノヴィテック本社だけでなく、世界中すべてのノヴィテック・パートナーで装着することができるという。

フロント10cm、リヤは12cmワイド化

「ESTESOフェンダーフレア」は、フロントトレッドを10cm、リヤトレッドを12cm拡大したことで、2.13mというワイドボディを実現。「ESTESOロッカーパネル」により、前後ホイールアーチ間のエアロダイナミクス性能を最適化し、ウルスのサイドビューをさらにスポーティな印象へと変化させる。また、フロントフェンダーのサイドパネルとサイドミラーハウジング用のネイキッドカーボンコンポーネントも用意された。

バンパーには「ESTESOフロントスポイラー」を採用。他にもベースモデルではプラスチック製だったパーツをネイキッドカーボン製パネルに変更することで、より引き締まった印象を与える。オプションで利用可能な「NOVITECフード」を装着すると、さらに印象的なフェイスリフトが実現可能だ。

ナローボディのベースモデルでも装着可能なカーボンエレメント

リヤセクションは「ESTESOフレア」をサイドリヤフェイシアにピタリと装着可能。リヤのセンター部には4基のスクエア形状「ノヴィテック・テールパイプ」に最適なディフューザー形状の「ESTESOインサート」を採用する。これらのパーツはノヴィテック製スポーツエキゾーストだけでなく、標準仕様のエキゾーストと組み合わせることもできる。

ルーフスポイラーとリヤスポイラーリップは、抜群のコンビネーションを演出。「ESTESOフロントスポイラー」と連携することで、最適な空力バランスを実現した。このスポイラーコンポーネントもネイキッドカーボン製となっている。

ノヴィテックが展開するいくつかの空力パーツは「ESTESO」ワイドボディバージョンだけでなく、ベースモデルにも適合するように設計された。たとえワイドボディ化しなくとも、漆黒のネイキッドカーボン製パーツを装着することで、よりスポーティで引き締まったエクステリアを実現できる。

繊細ながらもマッシブな印象の23インチ「NL4」ホイール

足元には、アメリカのホイールメーカー、ヴォッセ(Vossen)と共同開発し、「ESTESO」のワイドボディにフィットするホイールを展開。マッシブなデザインの「NL4」アロイホイールは、フロントが10.5J×23、リヤが12J×23インチという設定。NL4のデザインはランボルギーニをイメージさせるY字形の6つの繊細なスポークが特徴で、この形状はホイール自体をサイズ以上に大きく見せる効果もあるという。

センターロック式のハブキャップは、レーシングカーのようなアピアランスを与えることに成功。かなり大きなサイズのホイールとなるが、非常に高い剛性を確保しつつも軽量化を実現している。カラーは72色というワイドバリエーションを展開。また、タイヤはフロントが「285/35R23」、リヤが「325/30R23」のピレリP Zeroが推奨されている。

標準装備のアダプティブ エアサスペンション用に開発された「ノヴィテック・コントロールモジュール」は、車高をさらに25mmローダウン化することが可能。インテリアに関しても様々なカスタマイズが用意されている。好みに合わせてカラーや素材に拘った、独自のコクピットをオーダーすることができる。