「スーパーGTのエンジニアが開発!?」トムスのレクサスIS F用エアロパーツが本気すぎる!

「スーパーGTのエンジニアが開発!?」トムスのレクサスIS F用エアロパーツが本気すぎる!

スーパーGTマシンのエンジニアが手がけた本物の高機能エアロ!

 

トムス流エアロデザインの真骨頂

初期型なら、200万円を切るプライスタグが掲げられるまでに中古相場が落ち着いたレクサスIS F。レクサスを代表する大排気量スポーツセダンとして登場しただけあって、性能は一線級。そんなことから、チューンドベースとして世界的に再注目されているモデルでもある。

そこに目を付けたのが、レーシングコンストラクターとして知られるトムス。すでに生産中止となっている1作目のIS F用エアロパーツが海外のファンに大受け。あまりに引き合いが多いので10年以上が経過した今、最新のレーシングテクノロジーを注入した2作目を作ってしまおうと開発が進められたそうだ。

そんな経緯はともかく、さすがはFのキャラクターをよく分かっていると唸らずにはいられない仕上がり。これなら冠婚葬祭にも堂々と乗っていける!

しかし、その真骨頂はスタイリッシュなデザインのみならず。注目すべきはエアロフォルムの隅々に渡って、スーパーGTやフォーミュラで培ったノウハウが余すことなく注入されていることだ。

例えばフロントスポイラー。両サイドに設けたフラップによりタイヤハウス内への空気の流入を抑制し、フロントまわりのリフトを予防。さらにリップ部分のセンターを持ち上げるような造形とすることでフロア下に空気を誘い、フラットなアンダーパネルによりスムーズに後方へと排出する仕組み。

サイドステップも然り。先端が翼端板状になっており整流効果を生み出すほか、後方にはフロントスポイラーと同様のフラップを追加。ボディサイドから下面に空気が流れ込むのを遮断している。

さらにディフューザー形状のリヤハーフスポイラーは、フロントから流れてきたフロア下の空気を後方へと引っ張り出す効果を生み出す。空力効果はもちろん、クリア塗装済みのカーボン製なので、バンパー焼けを防ぐ効果も期待できる。

「GTマシンのエンジニアが開発を担当。スーパーGTドライバーの平川選手がサーキットテストを行って、確かな効果が得られたトムスの新デザインコンセプト。その流れを汲んだエアロとなっています。クオリティにもこだわった自信作です」とはトムス桑原さん。

シンプルな造形からは想像できないほどのノウハウが凝縮されたトムスのIS F用エアロパーツ。そのすべては空気を味方に付けるため。機能美とはこういうデザインのことを指すのであろう。違いがわかる大人のための逸品だ。

価格:フロントスポイラー(カーボン製):15万円/サイドステップ(カーボン製):18万円/リヤハーフスポイラー(カーボン製) :24万円

●取材協力:トムス TEL:03-3704-6191