DTM第8戦ニュルブルクリンク:レース2はグリーンが勝利し、ラストが2度目のチャンピオン獲得

 ニュルブルクリンクで開催されたDTMドイツ・ツーリングカー選手権第8戦。15日に行われたレース2は、ジェイミー・グリーン(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ)がポール・トゥ・ウインで今季初勝利を挙げた。

 チャンピオン争いは、レネ・ラスト(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ)がライバルのニコ・ミュラー(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)に56ポイント差をつけ、最終戦を待たずに2度目のタイトルを獲得した。

 前日のポール・トゥ・ウインでタイトルに王手をかけたラスト。ミュラーに9ポイント差でゴールすれば最終戦を前に王者獲得となり、予選からボーナスポイントを稼ぎに上位を狙う。

 ポールポジションはチームメイトのグリーン。ラストも2番手に入り2ポイントのボーナスポイントを獲得する。3番手にマイク・ロッケンフェラー(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス)が続く。一方、ミュラーは14番手と厳しい予選となってしまった。

第8戦ニュルブルクリンク・レース2スタート
第8戦ニュルブルクリンク・レース2スタート

 55分+1周で争われる決勝レース。好スタートを見せたラストがホールショットを奪う。2番手にグリーン、3番手にロッケンフェラー、6番手スタートのロイック・デュバル(アウディRS5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス)が4番手に浮上する。

 14番手スタートのミュラーは徐々にポジションを上げていき、5周目には9番手までジャンプアップ。さらに逆転を狙って10周目終わりでいち早くタイヤ交換へと向かう。

 トップを走るラストはその2周後にピットイン。しっかりとミュラーの前にコースに復帰する。

トップを走るレネ・ラスト
トップを走るレネ・ラスト

 その翌周にタイヤ交換を行ったグリーンは、ラストの前でピットアウト。ラストがオーバーテイクを狙うもグリーンはポジションを死守する。

 少しでもポイントを奪いたいミュラーだったが、24周目にロビン・フラインス(アウディRS5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)に交わされ後退。勢いに乗るフラインスは、翌周にデュバルも交わし、前を走るラストに襲い掛かる。

 フラインスは、34周目のシケインでラストを攻略し、2番手に浮上する。

 3番手にラスト、ミュラーは5番手とこのままの順位ならチャンピオン決定とはならなかったが、残り時間2分を切った39周目にジョナサン・アバーディン(アウディRS5 DTM/WRTチーム・アウディ・スポーツ)がミュラーをシケイン前でオーバーテイク。

ロビン・フラインス(アウディRS5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)
ロビン・フラインス(アウディRS5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)

 全車がタイヤ交換を終えトップに浮上したグリーンは、トップを快走しゴールへと向かっていたが、ラストを交わしたフラインスが迫っていく。

 55分が経過した40周目のシケインでフラインスはオーバーテイクを仕掛けるもオーバーラン。勝負はラストラップのみとなったが、グリーンは最後までトップをキープし2017年の最終戦以来となる今季初勝利を掴んだ。2位にフラインス、3位にラストが入り、ミュラーは6位でチェッカーを受ける。

 ラストは15ポイントと予選ポイントの2ポイントを加え279ポイントとし、ミュラーとの差は56ポイント差に。勝利数もラストが上回っているため、最終戦のホッケンハイムを前にラストが2度目のチャンピオンを獲得した。

 トップ7をアウディが独占し、ブランドタイトルも確定。最終戦では、アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグとアウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツラインがチームタイトルをかけて戦うことになる。

2年ぶりの勝利を喜ぶジェイミー・グリーン
2年ぶりの勝利を喜ぶジェイミー・グリーン

「今日は厳しいレースで、最後までビッグバトルを行った。僕たちは自由に戦うことが許されていて、勝利できたことが素晴らしいね。そして、タイトルを獲得したアウディとレネにおめでとうと言いたい。まだチームチャンピオンが残っている。最後のもっと祝うことができるといいね」と2年ぶりの勝利をグリーンは喜んだ。

 2017年以来となる2度目のタイトルを獲得したラストは、「もちろん、とてもうれしいよ! ニコ・ミュラーがどのポジションでフィニッシュしたのかわからなかったので、3位で十分なのか最後までわからなかった。最初のタイトル獲得と似ているね。思いがけずに獲得できた」

「素晴らしいシーズンを過ごすことができた。全体的に競争力もあった。これでスーパーGTと一緒に素晴らしいレースをホッケンハイムの最終戦で楽しむことができるよ」と語っている。

 DTM最終戦は10月4日から6日にホッケンハイムで開催。最終戦はスーパーGTから3台が参加するレースとなる。