総合8番手と出遅れたトヨタのタナク「今日はついていなかった」/2019WRC第11戦トルコ デイ2後コメント

 2019年のWRC世界ラリー選手権第11戦トルコは9月13日、SS2〜7で争われる競技2日目が行なわれ、エサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)が総合首位につけた。総合2番手にはセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)がつけ、シトロエン陣営がトップ2を占めている。

■トヨタ

●オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合8番手

「1番最初にステージを走るのはあまり楽しく感じられなかったが、チームがクルマを改善してくれたおかげで、午前中は昨年よりも良いフィーリングで走れた」

「再走ステージでは路面が荒れ、午後は厳しい状況になるだろうと予想していたが、天気の悪化によりさらにトリッキーなコンディションになったよ」

「残念ながら午後2本目のステージでパンクをしてしまったが、このラリーでパンクはくじ引きのようなものだから、今日はついていなかったのだと思う」

「もちろん、望んでいたような1日ではなかったが、前に進み続け、何かが起きるのを待ちたいと思うよ」

●ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合9番手

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

「今朝はいいスタートを切った。あまり攻めなかったのにSS2でベストタイムが出たのは、うれしい驚きだった。次のSS3は少し慎重に走り過ぎたが、SS4でふたたびいいタイムが出て埋め合わせをすることができた」

「クルマの状態はとてもよかったが、午後はステージが荒れるだろうと覚悟していた。SS5ではリヤのバンパーを失い、その結果車内が非常にうるさくなり、ペースノートに集中するのが難しい状況だったよ」

「そして、右コーナーでインに深く切り込んだ時にタイヤを傷つけ、空気が抜けた状態で最後まで走らなくてはならなかった」

「SS6ではなく、その次の最後のステージで雨が降ると予想しハードタイヤでSS6に臨んだが、その判断は結果的に誤りで、大幅にタイムを失ってしまった。しかし、それはラリーではよくあることだし、うまく行かないこともある」

「このラリーではまだいろいろなことが起きる可能性があるから、前向きに戦い続けるよ」

●クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ2総合7番手

クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)
クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)

「午前中のループステージは、まずまずの走りだった。最後のステージはあまりリズムがよくなかったが、このラリーでの経験がないことを考えれば悪くなかったと思う」

「午後の2本目のステージ(SS6)では雨に見舞われ、本当に難しいコンディションだった」

「雨はさらに酷くなるだろうと2本のミディアムタイヤを最後のステージに温存していたが、最初のステージでハードタイヤの摩耗がかなり進み、降雨があった2本目のステージはまるで氷の上を走っているようだった」

「それ以外の2本のステージはよかったのだが、2本目のステージだけで大きくタイムを失ってしまった。とはいえ、スピードは十分にあったし、依然この位置につけている。まだ先は長いから、何が起こっても不思議ではない」

■ヒュンダイ・モータースポーツ

●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合3番手

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)

「午前中の走行は明らかに望んでいたようなラリーのスタートではなかった。特に木曜夜にアンドレアス(ミケルセン)と同時ステージ優勝を果たした後はね」

「僕たちにとって競争力のある走行ではなかった。マシンは僕が求めるような動きをしなかったし、出走順が2番目で掃除役をしなければならない状況だったから、グリップとトラクションも欠けていた」

「激しく攻めたが、午後には流れを変える必要があった。SS5を通して素晴らしいタイムを出したが、重要なタイムを挽回できたSS6では難しいコンディションだった」

「実はステージの前にパンクしてしまい、ソフト寄りのタイヤに交換しなければならなかったんだ。考え込むようなことはせず、激しくプッシュしていった。そして最後に雨が降ったことが助けになって最速タイムを出すことができ、トップ集団での戦いに戻ることができた」

「まだラリーは終わりには程遠いが、さらにポジティブな精神で土曜日に臨むよ」

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合6番手

ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)
ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)

「ある程度競争力を発揮して1日を終えることができた。今週末は競争力を出せると分かっていた。残念ながら最初のステージでのパンクのせいで、ラリーのスタートがおかしなことになってしまった」

「ここではパンクしやすいものだが、何かが起きたことにさえ気づかなかったんだ。タイヤを交換してタイムを失うよりも、ステージを終えることを選んだが、その選択は正しかった」

「多くのタイムを失ったけれど、もっと酷い状況になったかもしれなかったからね。僕は他のドライバーが悪運に見舞われるよう願うタイプの人間ではない。でもこのラリーは長くて予測がつかないから、これからもいろいろなことが起こるだろう」

●アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ2総合5番手

「今日は素晴らしいスタートを切ったものの、残念ながら不満が残る期待外れな午後になった」

「木曜日の本当に特別な勝利にとても喜んでいた。オープニング区間では競争力を発揮できたし、素晴らしいマシンで順調にステージを進んだ。トップでの戦いをしていたし、フィーリングも良かった」

「とても複雑なラリーだから、いつアタックすべきか、いつ攻撃の手を抑えて慎重に行くか、理解している必要がある。トラブルがとても起こりやすいからね」

「午後は特にSS6で苦戦した。コンディションとタイヤ選択のせいでステージはまるで氷の上を走っているかのように感じられ、グリップがまったくなかった。マシンがスライドして多くのタイムを失ってしまった。持てる力でベストを尽くしたけどね」

■Mスポーツ・フォード

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合4番手

テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)
テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)

「僕たちにとってまずまずの1日だったと思う。またマシンもうまく機能してくれた。スピードを出すことと、慎重にいくことのバランスを見出すのは難しいけれど、うまくやっていると思う」

「路面に崩れ落ちた石がたくさんあるから、マージンを維持しながら、パンクを回避しなければならない」

「自分たちの走行リズムに満足しているし、マシンにはいいバランスを感じている。だから、現時点で高望みはしたくない。だけど、まだ道のりは長いから、何が起きるかは分からないよ」

●ポンタス・ティデマンド(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合10番手

ポンタス・ティデマンド(フォード・フィエスタWRC)
ポンタス・ティデマンド(フォード・フィエスタWRC)

「今日は誰にとってもトリッキーな1日だったけれど、僕にとってはいい経験となった。最初のSSでパンクしたほかはクリーンな走りだった」

「トップ集団のペースは強力で、確かに彼らはかなりプッシュしていた。それでも、僕たちも近づけたセクションがいくつかある。だから、そこにフォーカスしなければならない」
 
「明日は第一走者になるけど、今日経験した大きなわだちがないという意味ではいいね。楽しみにしているよ」

■シトロエン・レーシング

●セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)/デイ2総合2番手

セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)
セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)

「本当に難しい1日だったから、この順位でフィニッシュできたことがうれしいよ。午後のオープニングステージで、フロントバンパーのスプリッターを失ってしまった。それが区間の終わりに向かうにあたって、マシンの空力に影響を与えたようだ」

「明日の区間のコンディションは今日よりも多少楽だと予想されているが、それでもいくつかとてもトリッキーなセクションがあるから、そこをトラブルなく通過する必要があるだろう」

「また激しい戦いが予想されていると思うし、僕たちは激しくプッシュしていくよ!」

●エサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)/デイ2総合首位

「間違いなく僕たちにとって素晴らしい1日だったよ! 僕たちには何の問題もなかった。C3 WRCで望みどおりの走行ができたんだ。正しいリズムを掴み、可能な限りラインに留まるために、賢明なアプローチを選ぶことができたと思う」

「低速で難易度が高いステージを気に入っているわけではまったくないけれど、今日の自分のパフォーマンスには満足している。でもまだ先は長い。自分たちの仕事を続けて、どういった結果が出るかを待ちたい」