ウイリアムズがメルセデスとのパワーユニット契約を2025年まで延長。メルセデスのF1活動継続も確定

 ウイリアムズF1チームは、13日、メルセデスとのF1パワーユニット(PU/エンジン)契約を2025年末まで延長することで合意したと発表した。

 2014年からメルセデスのパワーユニットを搭載しているウイリアムズは、2021年から5年の契約延長を行う旨の原契約を結び、2025年末までメルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズが製造するパワーユニットの供給を受けることが確定した。ウイリアムズは今後もトランスミッションは自社で製造する。

 メルセデスF1のワークスチームは、F1に1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドのパワーユニットが導入された2014年以来、タイトル5連覇を成し遂げている現在最強のチーム。ウイリアムズのチーム副代表クレア・ウイリアムズは、今回の契約延長に際し、「メルセデス・ベンツは最も大きな成功を収めたF1エンジンサプライヤーのひとつであり、今後も極めて競争力の高いエンジンパッケージを製造するものと確信しています」とコメントした。

 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツのCEO兼チーム代表のトト・ウォルフは、「最近困難な時期にあるウイリアムズだが、ふさわしい位置に戻るために戦うなかで、彼らの復活力と気骨を証明している」と語っている。

「2021年に導入される財政面のレギュレーションにより、インディペンデントチームの前途は明るいと私は確信している。この新しい時代に向けてウイリアムズとのパートナーシップを継続できることを喜ばしく思う」

 ウイリアムズがルノーのパワーユニットにスイッチするといううわさも一時あったものの、クレア・ウイリアムズは「メルセデスは真の友人」と、良好な関係をアピールしている。2019年はレースドライバーのひとりに、メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルを起用している。

 一方、F1チームとF1およびFIAとの現在の商業契約は2020年末までとなっているが、今回の契約発表により、メルセデスが少なくともパワーユニットサプライヤーとしてはF1活動を継続することが確実となった。