自動車保険の契約内容によってタクシー代や同伴者の宿泊代、ペットの宿泊代だって保険会社が面倒見てくれる!【保険/車検のミニ知識】

楽しい旅行中、遠隔地で事故に巻き込まれてしまったら、旅行を継続することも、自宅に帰ることも困難になってしまうでしょう。万が一の事故やトラブルの際に頼りになるのが自動車保険です。今回は、遠隔地でのトラブルの際に強い味方になってくれる補償を、元自動車ディーラー営業マンが解説します。

タクシー
クルマが使えなくなった場合の移動の交通手段として、タクシーやバス、鉄道費用を補償してくれます。

■代替交通手段の費用を補填してくれる

タクシーのイラスト
運転者本人はもちろん、同乗者の分も補償対象です。

クルマで事故に遭い、マイカーが走行不能になってしまった場合、帰宅をするにも、目的地に移動するにも代わりの交通手段で行くほかありません。そんなときには、代替交通費を保証してくれるサービスを利用しましょう。

単独事故、複数台の事故問わず、事故による損傷で自走不能となりレッカーサービスを利用して移動を余儀なくされた場合や、クルマのトラブルにより走行ができなくなった場合に、保険会社が代わりの交通手段で移動した費用を補填してくれます。ただし、マイカーのトラブルには、タイヤのパンクのみの場合や、ガス欠、バッテリーあがりなどの軽微なものは含まれません。

各社で名称は異なりますが、帰宅費用補償や代替交通費補償という名称だったり、ロードアシスタントサービスの中に含まれているケースもあります。基本的には、レッカー車を保険会社手配で用意して、マイカーを移動した際に請求できるものなので、ロードサービスを依頼する際に、一緒に代替交通手段いついての相談を行うと良いでしょう。

タクシー代や、電車、新幹線(指定席まででグリーン車は対象外)、飛行機(エコノミークラスが対象)、高速バスなどの公共の交通機関の運賃でも対象です。

また、補償内容や保険会社によっては、事故現場からレンタカーで移動するサービスを行っている場合もあります。事故に遭っても慌てずに、代わりの交通手段を探して保険会社へ相談しましょう。

●深夜で交通手段がなく、帰宅が困難な場合

基本的には、事故現場から自宅への帰宅費用を補償するケースが多いですが、時間帯や事故発生場所によっては、当日中に自宅に帰ることができない場合もあります。こういったケースでは、宿泊費用も保険会社が負担をしてくれます。

契約者本人だけではなく、同乗している家族や友人の宿泊費も含まれるので、クルマに乗っていた全員が安心して一晩過ごす環境を整えてくれます。

ただし、ホテルのランクとしては概ねビジネスホテルクラスまでとなり、室料のみの補填となるので、別途発生したオプションや飲食代などは含まれません。

また、旅行の途中で、元々宿泊する予定だったホテルに宿泊する場合には、同日中の帰宅困難とみなされないため、宿泊費用の請求はできません。あくまで、緊急かつ突発的に発生した宿泊に関して用意された補償となります。

●ペットの移動や宿泊サービスも

ペットホテルのイラスト
本人、同乗者の他、ペットの宿泊費も補償内容に含まれている場合があります。助かりますね!

最近では、同乗していたペットに対しての補償を行ってくれる保険会社もあります。こちらも事故で帰宅困難となり、ホテルに宿泊する際に、ペットの宿泊を断られた場合、ペットホテルの手配や、ペットホテルの宿泊費用を補填してくれるサービスです。ペット同伴での旅行も増えている中で、家族の一員であるペットを安心して預けることができます。一部対象外のケースもあるので、詳しくは加入されている保険会社に確認してみましょう。

●まとめ

クルマの修理や人の怪我だけでなく、クルマのトラブルで困ったときに頼りになるのが自動車保険です。事故の際には、担当アシスタントが様々な困りごとに対応してくれるので、自分の保険がどのような補償に入っているのか、事故が起きる前に確認しておきましょう。

(文:佐々木 亘)