ニッサン/ニスモ、DTM第9戦ホッケンハイムに参戦するGT-Rのカラーリングを公開

 ニッサン/ニスモは9月13日、DTMドイツ・ツーリングカー選手権第9戦ホッケンハイムにゲスト参戦するニッサンGT-RニスモGT500のカラーリングを発表した。MOTUL AUTECH GT-Rのカラーリングでおなじみのレッドとブラック、そしてモチュール/オーテックのロゴが入る。

 長年車両規定統一に向けて交渉を続け、2020年からはほぼ共通した規定となるスーパーGT GT500クラスとDTMドイツ・ツーリングカー選手権。その交流の一環として、10月5〜6日に開催されるDTM第9戦ホッケンハイムに、レクサスLC500、ホンダNSX-GTとともにGT-Rがゲスト参戦する。また、11月23〜24日には、富士スピードウェイにDTM車両が来日し、GT500マシンたちと戦う。

 すでにGTアソシエイションからも発表されているとおり、ニッサンGT-RニスモGT500はロニー・クインタレッリと松田次生がステアリングを握る予定で、カーナンバーは35を使用する。もちろんR35からとられたものだ。

 13日、ニスモから公開されたカラーリングを見ると、おなじみのMOTUL AUTECH GT-R同様のレッドとブラックのカラーリングに、モチュール、オーテックのロゴが入る。また、DTMでおなじみのゼッケンベースや、前後ウインドウに貼られるボッシュのロゴ、フリックボックス部に入るドイチェポストのロゴなど、“DTM仕様”になったGT-Rのカラーリングだ。

 2017年にクインタレッリのドライブでデモランした際は2014年仕様だったものの、ドイツのファンからも注目度が非常に高かったGT-R。実戦への挑戦でどんな戦いをみせてくれるか、大いに楽しみにしたいところだ。

スーパーGT第6戦オートポリスでのMOTUL AUTECH GT-R
スーパーGT第6戦オートポリスでのMOTUL AUTECH GT-R
2017年ホッケンハイムでのデモラン時、GT-Rおなじみのアフターファイアを出すMOTUL AUTECH GT-R
2017年ホッケンハイムでのデモラン時、ザックスカーブを立ち上がるMOTUL AUTECH GT-R