F1日本GPにデイモン・ヒル、佐藤琢磨、中嶋一貴の来場が決定。トークショー出演、場内実況での解説も

 10月10日(木)〜14日(月・祝)に鈴鹿サーキットで開催される2019年F1第17戦日本GPに、デイモン・ヒル、佐藤琢磨、中嶋一貴の3名がゲスト出演することが発表された。

 1996年のF1チャンピオンであるヒルは、ウイリアムズに所属していた1994年と、タイトルを獲得した1996年に日本GPで優勝を飾った経験を持っている。

 佐藤は、ジョーダンに所属していた2002年に5位、B・A・Rに移籍した2003年に6位、2004年に4位と上位入賞を果たしている。2010年から参戦しているインディカーでは、2017年に第101回インディアナポリス500マイルレースで優勝を飾り、今年も3位に入賞した。

 中嶋も、F1参戦時代に1度だけ鈴鹿を走った経験がある。最近ではWEC世界耐久選手権で活躍しており、2018年にはル・マン24時間レースで初優勝を飾った。今年はル・マンで2連覇を飾り、2018/19年シーズンのタイトルを獲得。中嶋は、日本人として初めてサーキットレースでのFIA世界チャンピオンに輝いた。

 ヒル、佐藤、中嶋の3名は、グランプリ期間中にサーキットのGPスクエア内F1ステージでのトークショーに出演することが決定。また佐藤と中嶋は場内実況での解説を行う予定だ。

 上記3名のその他の出演イベント、スケジュールなどは決定次第鈴鹿サーキットの公式サイトにて発表されることになっている。

 なお今年の日本GPには、投手として活躍した元大リーガーの川上憲伸さん、女子レスリングでオリンピック3連覇を果たし“霊長類最強女子”の異名を持つ吉田沙保里さん、新体操日本代表『フェアリージャパン』としてロンドン、リオデジャネイロ五輪に出場した畠山愛理さんの3名が、アスリートゲストとして出演することがすでに決定している。

 また、F1日本GPの各入場ゲートのオープン時間も合わせて発表された。こちらも詳細は鈴鹿サーキットの公式サイトをご確認いただきたい。