全長4.7m、全幅1.7m以下でも4人家族がゆったり就寝できるバンテック新潟「Diario Van Type-1」【最新キャンピングカー(バンコン編)】

●同クラスのバンコンではオプション設定の場合が多い装備も標準装備した「Diario Van Type-1」

空前のブームを迎えているキャンプ(オートキャンプ)でも見かける多種多様なキャンピングカー。旅やアウトドアの機会が増えるほど、「いつか所有してみたい」という夢を持っている方も多いでしょう。

ディアリオ・バン タイプ1
バンテック新潟の「Diario Van Type-1」は、日産NV350キャラバンがベース。トヨタ・ハイエース/レジアスエースも選べる

2019年7月20日・21日に東京ビッグサイト(青海展示棟)で開催された「東京キャンピングカーショー2019」にも幅広い世代が集結していて、キャンピングカーの人気ぶりを改めて実感させられました。数多くの展示車両の中から、最新のキャンピングカーモデルをピックアップしてお届けしたいと思います。

数あるキャンピングカーの中でも定番といえるのが「バンコン(バンコン・バージョン)」で、同ショーでも最も多く展示されていました。大小さまざまありますが、普段使いしやすいモデルが多く、しかも広いキャビンを備えているのが支持されている理由でしょう。

バンテック新潟の「Diario Van Type-1(ディアリオ・バン タイプ1)」は、日産NV350キャラバンのロング・標準幅・標準ルーフがベースで、ボディサイズは全長4695mm×全幅1695mm×全高1990mmという普段使いやすい全長と全幅が特徴。4ナンバー登録になります。

ディアリオ・バン タイプ1
2列目シートを後ろ向きにして、テーブルを設置することでダイネットになる

シンクや給排水タンク、冷蔵庫(20L)、電子レンジなどのキャンピング設備が標準装備されていて、大人3人、子ども2人の計5人までが就寝可能。乗車定員も前向きのリヤシートを含めた5名。

ディアリオ・バン タイプ1
シンクなど自炊できる装備が標準化されている

車中泊など快適に過ごせるように、断熱加工&フルトリムが施されているほか、べバスト製FF燃焼式ヒーター、140Wソーラーパネル、2000Wインバーターなど、同クラスのバンコンではオプション設定の場合が多い装備も標準化されています。

ディアリオ・バン タイプ1
後部の2段ベッドを使い大人4人の就寝に対応。ベッドは収納式

就寝時は、標準装備の収納式2段ベッドを使い、フルサイズベッド展開時には先述したように大人3人・子ども2人の計5人が横になれます(もしくは大人4人)。

ほかにも、エアコンやLED照明、遮光カーテンなどが標準装備され、オートクロージャーやアラウンドビューモニターなどの車両オプションも用意されています。展示車両の価格は486万4000円(10%税込み535万400円)です。

(文/写真 塚田勝弘)