スーパーGT:GRスープラとGT-Rの2台のGT500マシンが鈴鹿でシェイクダウンをこなす

 9月12日、三重県の鈴鹿サーキットで前日公開されたばかりの2020年規定GT500車両のうちの2台、トヨタGRスープラとニッサンGT-RニスモGT500がシェイクダウン走行を行った。2台ともにまずはチェックを行いながら、シェイクダウンらしいメニューで周回している。

 2020年から採用される新規定に向け、9月11日に鈴鹿でお披露目されたトヨタGRスープラとニッサンGT-RニスモGT500、そしてホンダNSX-GTという3台のGT500マシン。NSX-GTはこの日はテストに参加することはできなかったが、GRスープラとGT-Rの2台が、9月12日からスタートしたテストで走行を開始した。

 この日の鈴鹿サーキットは朝から夏が逆戻りしたかのような晴天で、うだるような暑さのなかでのシェイクダウンとなった。10時30分からのコースオープンとととに、GT-R、GRスープラとともにまずはゆっくりとコースイン。GT-Rはストレートを一度通過してピットへ、GRスープラはそのままピットインした。

 2台のうち、GT-Rについては発表会でお披露目された状態から、ルーフに大きなピトー管が追加されているほか、リヤウイングステーにケーブルを沿わせているテープが見られている。GRスープラも、ルーフにはピトー管が2本ついた。ドライバーについては、走行写真のヘルメットから推測するにGRスープラは立川祐路が、GT-Rについてはロニー・クインタレッリがステアリングを握ったと推測される。

 また、GT-Rはタイヤはミシュラン、ホイールは今までセパンテスト等での装着はあったが、シーズン中では見られなかったレイズを装着。GRスープラはブリヂストンとレイズの組み合わせとなった。

 しばらく両車はピット内で整備が行われたが、やはり新型車のシェイクダウンらしく、直前まで行われていた走行会の参加者はピットロードの立ち入りが禁じられるなど、厳戒態勢のなかで長いチェックが行われた。GT-Rは45分ほど経って再コースインし、そのままアウト〜インでピットへ。GRスープラも、開始から1時間25分ほど経過してからふたたびコースインし、そのままアウト〜インでピットへ戻った。

 GRスープラは、残り15分になってふたたびコースインし、コントロールラインを通過すると、計測3周をこなし、1分50秒832というベストタイムをマークしている。GT-Rはアウト〜インのみで最初のセッションを終えており、計測ラップは行っていない。

 まずは大きなアクシデントやトラブルなく、2台のGT500マシンはシェイクダウンの最初のセッションを終えた。

鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなしたトヨタGRスープラ
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500
鈴鹿サーキットでシェイクダウンをこなした2020年仕様ニッサンGT-RニスモGT500