スーパーGT 2020年『クラス1』GT500車両ギャラリー(3):トヨタGRスープラ

 9月11日、鈴鹿サーキットで2020年から導入されるスーパーGT GT500クラスの3メーカーの車両が公開された。DTMドイツ・ツーリングカー選手権との共通技術規則である『クラス1』に準拠した3メーカーの車両が公開されたかたちだが、その車両ディテールをご紹介しよう。1月の東京オートサロンで参戦が発表されたトヨタGRスープラは、より実戦に則したディテールとなって登場した。

『Supra is back!』の合い言葉とともに、2006年以来となるスーパーGT参戦に向け、いよいよ本格的なクラス1規定に則ったGRスープラが姿をみせた。1月の東京オートサロンでは、過去のシャシーのデザインラインから上面をスープラにしたようなコンセプトモデルだったが、今回鈴鹿サーキットでお披露目されたマシンは、これにほぼ近い形で実戦に参戦することになるはずだ。

「我々TOYOTA GAZOO Racingは、本年1月の東京オートサロンで発表しましたとおり、2020年からクラス1規則導入にあわせまして、GT500クラスにこのGRスープラで参戦致します。ベースとなるGRスープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ『GR』初のグローバルモデルで、本年5月から発売を開始致しました」と語るのは、トヨタ自動車GAZOO Racing Company GR統括部の高橋敬三主査。

「レースにおきましてスープラは、スーパーGTの前身である全日本GT選手権時代から12年間に渡って参戦しておりまして、四度のチャンピオンを獲得しました。その間、記憶に残る幾多もの戦いを繰り広げ、今でも語り継がれるクルマとして、ファンのみなさんに愛され続けております」

「そんなファンのみなさんのご期待に応えるため、ふたたびGT500クラスにGRスープラで参戦し、新たな伝説が作れるよう、チーム、TRD一丸となって来年の開幕に向けてクルマを仕上げて参りたいと思っております」

「クラス1規則成立に向けてご尽力くださいましたGTA、ITRに感謝致しますとともに、来年からここにある3社の戦いをよりエキサイティングなものとし、スーパーGTがより多くのお客様に楽しんでいただけるよう、頑張っていきたいと思います」

 公開されたGRスープラは、フロントを中心に、オートサロンのときのコンセプトモデルとは大きく異なる印象だ。GRスープラ自体のキャビンの小ささか、他のGT500車両と比べても非常にコンパクトに見える。獰猛にすら感じられるグラマラスなボディと相まって、GRスープラのGT500参戦は大いに注目を集めるものになりそうだ。

 そして高橋敬三主査は、この発表会でのあいさつのなかで、これまで15年間参戦したレクサスブランドに対するファンへの声援への感謝を述べた。

「一方、残念ながらレクサスブランドでのGT500参戦は、15年目の今年が最後となってしまいます。これまでレクサスを応援して頂いたファンの皆さまには大変感謝をしております。ファンの皆さまのためにも、ぜひ今年チャンピオンを獲って有終の美を飾りたいと思っております」

GRスープラのフロント部分。
GRスープラのフロント部分。
トヨタGRスープラ
トヨタGRスープラ
GRスープラのフロントビュー。開口部は比較的大きく見える。
GRスープラのフロントビュー。開口部は比較的大きく見える。
GRスープラのリヤ。市販車同様、複雑な曲線で構成される。
GRスープラのリヤ。市販車同様、複雑な曲線で構成される。
GRスープラのサイドビュー
GRスープラのサイドビュー
GRスープラのリヤ。市販車同様、複雑な曲線で構成される。
GRスープラのリヤ
GRスープラのリヤ
GRスープラのサイド部分。ラテラルダクトはまだあっさりとした印象。
GRスープラのサイド部分。ラテラルダクトはまだあっさりとした印象。
GRスープラのノーズ部分。コンセプトモデルとは大きく異なる印象だ。
GRスープラのノーズ部分。コンセプトモデルとは大きく異なる印象だ。
東京オートサロンでのトヨタ・GR・スープラ スーパーGTコンセプト
東京オートサロンでのトヨタ・GR・スープラ スーパーGTコンセプト