【SUPER GT 2019】64号車が大ステップアップの7位! 34号車も順位を上げたModulo勢のオートポリス

大分県のオートポリスを舞台に、9月8日に決勝レースが行われた「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 6 AUTOPOLIS GT 300km RACE」。Modulo勢は予選での不調を跳ね返すような活躍を見せました。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

終盤、一時は4位まで浮上した34号車。

GT300クラスの34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3は荒れた路面と火山灰によってグリップ感が掴めないという状況の中、決勝を見据えたタイヤチョイスで予選18番手と厳しいスタートとなりました。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

14時30分にスタートした決勝レース。スタートラップは順当に順位変動なく走ったものの直後にGT500クラスのアクシデントによってセーフティーカー(SC)が導入されます。そしてSC解除となると予選4位だった61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTがミッショントラブルでピットイン。そして18号車 UPGARAGE NSX GT3とのバトルを繰り返しながらもGT500での10周目には15位までポジションをあげていきます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

GT500クラスの20周目辺りから第一コーナー周辺で雨が降り出します。ウェットとドライが混在する路面が各チームのマシンを苦しめ始めます。GT500クラスの30周を過ぎた辺りではホームストレート以外はかなりの雨量となり各チーム続々とピットイン。しかし交換されるタイヤはレイン、スリックと様々でここがひとつの勝負どころとなってきます。Modulo KENWOOD NSX GT3はレインタイヤを装着しピットアウト。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

しかし、このピットアウトで大きなミスを犯してしまったModulo KENWOOD NSX GT3。タイヤ交換に使うインパクトレンチのエアチューブを引っ掛けたままピットアウトしてしまったのです。これは後にピット作業違反のペナルティとなってしまいます。ペナルティはペナルティとして受けることとなりますが、そのペナルティの分までタイムを稼がなくてはいけないModulo KENWOOD NSX GT3。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

しかしピットアウトの直後にはSCが導入されると、全チームが同一周回となり前を走るライバルとの差も一気に縮まります。前を行くライバルが見えたSC解除の瞬間からのModulo KENWOOD NSX GT3の走りは凄まじいものがありました。スリックタイヤを履いていたライバルを次々と追い抜きピットアウト時に14位のポジションだったところからたった2周で6位まで浮上してきます。しかしジェットコースターストレートの先で9号車 PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHEがコースアウトし、再びSC導入となってしまいます。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

3回目のSCがGT500の49周目に解除されると再びペースを上げてきたModulo KENWOOD NSX GT3。ドライブするのは「雨は嫌いだ」と言っていた大津弘樹選手。しかし好きか嫌いかは別として雨のオートポリスでは光る走りを見せてくれました。GT500の54周目にはなんと4位に浮上!ここまででスタートから14台抜きとなっていたのです。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

ここまで速さを見せてくれたModulo KENWOOD NSX GT3ですが、GT500の55周目でピット作業違反のドライブスルーペナルティを消化のためにピットロードを走行します。そして最終的には11位でのフィニッシュとなってしまいました。

道上龍選手
道上龍選手

ペナルティを受けて順位が落ちたとは言えここまで速さを見せたModulo KENWOOD NSX GT3について道上龍選手は「どちらに転がるかわからない天候でレインタイヤを選択したことで作戦は間違っていなかった」と語ります。その上で「ピット作業違反によるペナルティで勝負権を失ったことは本当に残念です」と語ります。

道上龍選手
道上龍選手

また次戦のSUGOについては「今回は天候の変化で他のチームも一斉にピット・インして大混乱となりました。SUGOもピットが渋滞しやすいサーキットなのでその辺りを十分に気をつけて臨みます。コースとしては昨年もいいレースが出来たサーキットなのでポテンシャルを発揮できるように組み立てていきます」とも語ります。

大津弘樹選手
大津弘樹選手

次戦は昨年のModulo KENWOOD NSX GT3を大きく飛躍させたSUGO戦となります。その立役者だった大津弘樹選手は「事前のテストでもフィーリングは悪くないので予選からパフォーマンスを見せられるようなレースにしていきたいです」と語ります。

Modulo KENWOOD NSX GT3
Modulo KENWOOD NSX GT3

結果は11位ですが内容はかなり濃いレースとなったオートポリス戦。次戦のSUGOもModulo KENWOOD NSX GT3にとっては得意と言えるコースです。活躍に期待しましょう。

目まぐるしく変わる天候で上位に食い込む64号車

予選では荒れた路面との相性が合わずに良いフィーリングを掴めぬまま13位からのスタートとなってしまったGT500の64号車 Modulo Epson NSX-GT。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

しかしスタート直後の序盤に1号車 RAYBRIG NSX-GTがアクシデントでSCが導入されると前を行くライバルとの差は一気に詰まり、大きな差が開くことなくレースは進んでいきます。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

20周目辺りから第一コーナー周辺で降り出した雨によりウェットとドライが混在する状況でもナレイン・カーティケヤン選手はうまく走り22周目辺りではポジションを一つ上げていきます。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

28周目にピットインをしますがこの時は晴れ間が見え始めたためでしょうか、タイヤを再びスリックタイヤに交換、牧野 任祐選手に交代して14位のポジションでピットアウトをしていきます。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

しかし30周目辺りからホームストレートを除く殆どのコース上は大粒の雨となってしまい、Modulo EPSON NSX-GTは35周目で再びピットイン。レインタイヤに履き替えます。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

一見無駄な作業のように思えた2度目のピットインによるレインタイヤへの交換ですが、その直後にGT300マシンによるコースアウトのためにSCが導入され前を走るライバルとの差が縮まると、結果的に2度目のピットインのタイムロスが帳消しになるという事になりました。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

2度目のSCが解除された直後に再び3度目のSCが導入され、2回のピットインによるタイムロスは全く無くなってしまったという状況となると、そこからはレインタイヤ優勢の路面状況が続きスリックタイヤを履いたライバルを次々と抜いていき、7位でチェッカーを受けることとなりました。

牧野 任祐選手
牧野 任祐選手

「レインタイヤに履き替えてからすぐは調子が良かったのですがそこからのタイヤの(グリップ)落ちに苦労しました。周りのブリヂストン勢もかなりタイヤが落ちてきたようなので結果的には今できるベストを尽くして十分に戦えましたが、目の前を走る6号車(WAKO’S 4CR LC500)を抜ければもっと良かったと思います」とModulo EPSON NSX-GTを7位に押し上げた牧野 任祐選手は語ります。

中嶋悟総監督
中嶋悟総監督

中嶋悟総監督はレースを振り返り「天気予報やドライバーからのフィードバックでレインタイヤに履き替えたのが結果的に良かったし、とにかく今回は2人のドライバーがこの厳しい状況でよく頑張ってくれた結果だと思います」と語ります。

牧野 任祐選手と ナレイン・カーティケヤン選手
牧野 任祐選手と ナレイン・カーティケヤン選手

ナレイン・カーティケヤン選手は「最初のスティントでスリックタイヤを履いた状態での雨はかなり厳しい状況でしたが、うまくマシンを渡して7位になれたことは良かったと思います。次戦のSUGOでもまた頑張っていきたい」と語ります。

Modulo EPSON NSX-GT
Modulo EPSON NSX-GT

厳しい状況でこそ結果を残してきたModulo EPSON NSX-GT。次戦のスポーツランドSUGOでの第7戦は如何に戦っていくのでしょうか。

(写真:吉見幸夫、松永和浩 文:松永和浩)