アジア最大級のSUVが誕生!? 中国・ブリリアンスの「V9」は、トヨタやBMWの技術も搭載か

●供与された技術を全部盛り!? ブリリアンスのSUVをキャッチ

中国「華晨汽車集団有限公司」(ブリリアンス オート)のフラッグシップ・クロスオーバーSUVとみられる市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ブリリアンス V9外観_002
ブリリアンス V9 新型プロトタイプ

ブリリアントは、中国・瀋陽に本拠地を置く自動車メーカーで、2003年からはBMWとの合併会社「華晨宝馬汽車」により、「3シリーズ」「5シリーズ」「X1」を生産しています。また日本のトヨタや三菱を始め、ポルシェなどからも技術提供がされています。

ブリリアンス V9外観_007
ブリリアンス V9 新型プロトタイプ

2018年にも開発車両を捉えていますが、『V7』のテストミュールだったため、これが初のスクープです。

捉えたテスト車両はフロントもリアもフルカモフラージュされ、ヘッドライトの形状は勿論、グリルやバンパーのデザインも不明です。しかし、V7より明らかに長い全長を持ち、アジア最大クラスのSUVとなりそうで、市販型では「V9」の車名が予想されています。

予想パワートレインは、BMW製2.0リットル直列4気筒「N20B20A」エンジンを搭載。最高出力は241psを発揮し、6速MTまたは7速ATデュアルクラッチギアボックスと組み合わされます。

キャビン内ではフルデジタル・クラスタや、デジタルインフォテインメントシステムなどの搭載が期待できるほか、トヨタの安全技術などの搭載も予想されています。

ワールドプレミアは、最速で2019年内となりそうです。

(APOLLO)