アメリカのトヨタ好きが大集結する「オール・トヨタフェスト2019」が熱すぎる!

アメリカのトヨタ好きが大集結する「オール・トヨタフェスト2019」が熱すぎる!

24回目を迎えるトヨタ車の祭典inアメリカ!

アメリカのトヨタ好きが熱い! 年に一度のお祭りが今年も開催

アメリカ・カリフォルニア州で毎年開催されているトヨタ車の一大イベント「オール・トヨタフェスト」。2019年も6月1日にロングビーチのマリーナ・グリーン・パークで開催された。

T.O.R.C.(トヨタ・オーナーズ・アンド・レストアラーズ・クラブ)という地元有志のメンバーが始めた草の根のカーミーティングも、今回で24回目を数え、ますます規模を拡大。それもそのはず、参加できる車両は年代はもとより改造車かノーマル車かも一切問わず、トヨタ車であればオールジャンルOK。

しかも入場は無料なので、その盛り上がりが口コミで広がり、今回はベンダーを除いた一般車両だけでも550台を越える申し込みがあったという。そしてアメリカでも待望視されていた新型スープラが発売されたことを記念して、今年は歴代のスープラをメインフィーチャー。JZA80を筆頭に、日本のイベントではまずお目にかかれない台数の歴代スープラが大集結した。

もちろん、スープラに限らずサイオンFR-S/トヨタ86などのチューンドも数多く参加していたので、早速レポートしていこう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●SUPRA(JZA80)

オーナーの拘りで、JZA80スープラをストックのツインターボのまま(多少のアップグレードを加えつつ)、どれだけ速くできるかを追求しているドラッグマシン。地元のオートクラブドラッグウェイでは、1/4マイル10秒353(最高速217km/h)のコースレコードを記録している。本気のドラッグレーサーなのに、外装もエンジンもキレイなところがさすが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Scion FR-S(ZN6)

全米各地で開催されている86/BRZのワンメイク・タイムアタックシリーズ“86CUP”に参戦している2016年式サイオンFR-S。カリフォルニアのチノに拠点を構えるジャクソン・レーシングが展開するスーパーチャージャーキットを装着。デリシャス・チューニングのフレックスフューエル・パッケージも導入し、パフォーマンスをアップしている。エキゾーストは無骨なボンネット出し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Scion FR-S(ZN6)

カリフォリニアのAMGフューエル&デザインがワンオフで製作したターボレイアウトが自慢のFR-S。JDLオートデザインの不等長エキマニを使ってギャレットのタービンをフロントにマウント。チタンで製作したインタークーラーパイピングやインテークパイプ、ダウンパイプなどを備え、燃料やオイルの取り回しにはハイスペックホースの代名詞であるXRPのHS79を贅沢に使用している。SPALの11インチ電動ファンを備えたラジエターとエアコンのコンデンサーもカスタムフィット。

タービンのコンプレッサーハウジングをクロームにしたり、見た目もかっこいいハイスペックなクランプを使用したり、見せることを意識して細部まで作り込まれたエンジンルーム。ECUは今回取材したFR-Sの間でハンパない装着率を誇るデリシャス・チューニング。

このFR-Sで地元のタイムアタックシリーズにも参戦しているオーナーのフランケル・ビリャヌエバ。ディテールに拘ったモノ作りやドリフトなどの日本のカーカルチャーが大好きとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Scion FR-S(ZN6)

ベース車両はアメリカのTRDがプロデュースしたリリース・シリーズ1.0という特別仕様車。純正+90psのパワーアップが見込めるWORKSモータースポーツのステージ2ターボキットを装着し、これまたデリシャス・チューニングでフレックスフューエル化。ギャレットGT28タービンと水冷式インタークーラーがトップマウントされるので、エンジンルームの見た目もグッド。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Scion FR-S(ZN6)

C-WESTのサイドスカートやVERTEXのフロントリップ、標準カラーとして蛍光ピンクが設定されていたレイズのグラムライツ57C6と、見るからにJDM好きの匂いがぷんぷん香ってくるサイオンFR-S。その一方で、JDLオートデザインが展開するV2ターボ+フレックスフューエルキットを装着し、E85が手軽に入手できるアメリカならではのチューニングもしっかり実現!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Lexus SC(Z30)

アメリカのCALTYでデザインされた三代目ソアラは北米仕様ではレクサスSCとして販売。スープラの兄弟車ということもあってか、会場には多くの台数が集まっていた。こちらはVERTEXのワイドボディ&カナード、URASのフェンダー、ワークのマイスターM1を装着したワイド仕様。フロントが10.5J×18-21、リヤが12.0J×18-12の深リムでキメている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Lexus LS(USF10)

日本ではセルシオとして知られる初代レクサスLSをリフトアップ! サスペンションはいじらず、シンプルにカスタムスペーサーで車高を上げ、ジープチェロキーの純正ホイールとオフロードタイヤを装着。もっと驚いたのは、オーナーがナターシャ・アダムズさんという若い女の子ということ!「お金をかけずに人と逆のことをすること」がモットーなのだとか。気になる人はインスタの@na.volvoをチェックしていただきたい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●SUPRA(JZA80)

お母さんが所有していたワンオーナーのスープラを受け継いだレオ・バリットさん。もとはNAだったエンジンをツインターボの2JZ-GTEに載せ換えるなど、約6年の歳月をかけ、自宅ガレージでこつこつと作り変えていったそうだ。タービンはボルグワーナーのEFR7163に変更し、チタンを使ったカスタムパイピングも採用。E85に対応するラジウム・エンジニアリングのフューエルシステムを使用し、インジェクターは1650ccへと大容量化している。

ターボセッティングやECUの制御などに友人の力を借りつつ、基本的にはオーナーが自力でカスタマイズしたというエンジンルーム。チタンの焼色や溶接痕に多少の粗さも見られるが、素人としては上出来。ラジウム・エンジニアリングのデュアルキャッチタンクを装備してブローバイ対策も図っている。

クルマが完成したのがイベントの3日前だったと笑いながら語ってくれた、オーナーのレオ。初参加のトヨタフェストを満喫できて大喜びの様子だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Lexus IS(XE10)

日本で言うところのアルテッツァである初代レクサスISは、アメリカでもチューンドベースとして人気。こちらはエンジンをJZS171型クラウン由来の1JZ-GTEに換装し、ポンティアック・ソルスティスに搭載されていたアイシン製AR5型5速MTとドッキング。東名のARMS MX8280タービンで武装し、エクステリアにモデリスタとTRD、ホイールにエンケイNT03+Mと、JDM愛が炸裂。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●Lexus RC F(USC10)

少しずつではあるものの、レクサスのレイトモデルもチューンドが増加中。エアサスを使ったスタンス系が多い一方、TE37にハイグリップタイヤを履かせて、カーボン製の外板を身にまとうスポーツチューンも流行りつつあるようだ。アフターパーツの選択肢が少ないという状況が打破されれば、アメリカでも一気にトレンド入りの可能性大!

PHOTO:Akio HIRANO/TEXT:Hideo KOBAYASHI