Audi RS 7 Sportback、4.0 TFSIと48Vマイルドハイブリッドが初公開【フランクフルトモーターショー2019】

■Audi RS 7 Sportbackの最高速はダイナミックプラスパッケージで305km/h

Audi Sport GmbHは、「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」においてワイドボディの5シーターモデル「Audi RS 7 Sportback」を初公開するとアナウンスしました。マイルドハイブリッドシステムが搭載され、パフォーマンスと効率がさらに改善し、2019年末からドイツをはじめとしたヨーロッパで発売開始予定としています。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackの走り。最高速はダイナミックプラスパッケージで305km/hに達する

新型Audi RS 7 Sportbackは、低く構えたフォルムが特徴で、大きく張り出したホイールアーチは、Audi Sportによるハイパフォーマンスモデルのスポーティなキャラクターを強調。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackのリヤビュー

そのワイドボディは、視覚的な印象によるものだけでなく、フロントフェンダー部で1950mmの全幅を備え、「Audi A7 Sportback」よりも40mm近く拡大されています。なお、両モデル共通の外板パネルは、ボンネット、ルーフ、フロントドア、テールゲートのみ。RS専用のエクステリアデザインにより、全長は5,009mmに伸張されていて、グランドツアラーとしてのキャラクターが表現されています。

また、ワイドでフラットなシングルフレームグリルも特徴で、RS専用の立体的なハニカム構造のラジエーターグリルは、グロスブラック仕上げで精悍な印象を醸し出しています。大型フロントエアインレットとグロスブラックの垂直フィンが、アグレッシブなスタイルを強調しています。水平方向のブレードは、フロントエンドに向けて下方向へと特徴的なラインを描いています。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackのワイドなフロントグリル

リヤは、左右のテールランプをつなげるライトストリップが特徴。クロームカラーの大径楕円テールパイプは、リヤディフューザーとグロスブラックのデザインエレメントとともに、RS専用バンパーの左右に配置されています。一方フロントライトは、LEDヘッドライトが標準装備で、オプションのRSマトリクスLEDレーザーヘッドライトをオーダーすると、ライトベゼルがダーク仕様になり、LEDリヤライトにはダイナミックターンシグナルが装備されます。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackのテールランプ

Audi RS 7 Sportbackに搭載される4.0 TFSIは、最高出力441kW(600hp)、最大トルク800Nmで、0-100km/h加速はわずか3.6秒でクリア。最高速度は250km/hでリミッターが作動し、ダイナミックパッケージでは280km/hに、ダイナミックプラスパッケージでは305km/hに変更されます。

アウディRS7スポーツバック
4.0 TFSIエンジンと48Vの主電源システムを備えたマイルドハイブリッドシステム

(MHEV)との組み合わせにより、最大のパフォーマンスと高い効率を兼ね備えています。ベルト駆動式オルタネータースターターは、減速時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに供給。

55-160km/hの速度範囲でドライバーがアクセルペダルから足を離すと、ドライブマネージメントシステムは、2つのオプションのいずれかを選択します。運転状況とアウディドライブセレクトの設定に応じて、エネルギーを回生するか、エンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)を行うかが決定されます。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackに搭載されるV8 4.0 TFSIエンジン

コースティング状態からドライバーが再びアクセルを踏むと、ベルト駆動式オルタネータースターターが瞬時にエンジンを再始動。マイルドハイブリッドテクノロジーにより、22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能を作動させることが可能になったそうです。停止後に前方車両が動き始めると、たとえブレーキペダルを踏んでいても、エンジンが始動します。マイルドハイブリッドにより、100km走行あたり燃料消費量を最大0.8L削減することが可能としています。なお、複合モードにおける燃料消費量は11.6~11.4ℓ/100km、複合モードにおけるCO2排出量は265~261g/km。

また、シリンダーオンデマンド(COD)システムも搭載されていて、高めのギヤが選択され、エンジンが低〜中負荷状態の場合、燃料噴射と点火を停止。吸気バルブと排気バルブを閉じることで2番、3番、5番、8番シリンダーを休止します。

駆動方式は、新たにローンチコントロール機能が搭載される標準の8速ティプトロニックトランスミッションで、駆動方式はquattroフルタイム4輪駆動システム。駆動力は、機械式センターディファレンシャルを介して、「40:60」の比率で前後のアクスルに配分されます。どれか1つのホイールがスリップすると、トラクションがかかっているホイールにより多くのトルクを自動配分。この場合は、駆動力の最大70%をフロントホイールに、最大85%をリヤホイールに配分することができます。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackのドライブトレイン

さらに、ホイールセレクティブトルクコントロールにより、スリップが発生する前に、コーナー内側のホイールに軽くブレーキをかけることによって俊敏で正確なハンドリングを最適化。標準装備されるダンパーコントロール付きRSアダプティブエアサスペンションは、専用チューニングが施され、スプリングレートを50%高めた新しいエアスプリングモジュールによって、305km/hの最高速度を可能にしています。

自動車高調整機能付スポーツエアサスペンションは3つのモードに設定可能で、車高がノーマル時は、標準仕様のサスペンションを備えた、A7 Sportbackよりも20mm低く設定されています。速度が120km/hを超えると、車高はさらに10mm低下。必要に応じて、車高を20mm上昇させることのできるリフトモードも用意されています。RSスポーツエアサスペンションの特徴である大きなキングピン傾角により、長距離走行における快適性重視から、パフォーマンス重視まで、幅広い乗り心地の設定を実現するとしています。

アウディRS7スポーツバック
Audi RS 7 Sportbackのインテリア

インテリアでは、上部に設置されたMMIタッチレスポンスのディスプレイが目を惹きます。、ブラックパネルのダッシュボードに組み込まれ、ディスプレイをオフにするとパネルに溶け込んで、ほとんど見えなくなります。ドライバーは、上部RSモニターディスプレイを使用して、駆動システムコンポーネントの温度、最大Gフォース、タイヤ空気圧や温度などの情報を呼び出すことが可能です。

安全装備は、アダプティブクルーズアシスト、交差点アシスト、車線変更警告、縁石警告、360°カメラなど、30以上のアシスタンスシステムが用意されています。

(塚田勝弘)