ガスリー、FIA-F3の大クラッシュによりハロの重要性を認める「ハロを使用する妥当な理由がある」

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、FIA-F3に出場するアレックス・ペローニ(カンポス・レーシング)がモンツァで恐ろしい事故に見舞われたことで、頭部保護デバイスのハロの重要な有用性について納得したと語っている。

 9月7日(土)に開催されたFIA-F3第7戦のレース1では、ペローニがパラボリカ(ターン11)外側のソーセージと呼ばれる縁石に衝突。ペローニのマシンは宙を舞い、前転して上下逆さまの状態でタイヤバリアの上に落ちた。

 ペローニは奇跡的にも損壊したマシンから歩いて離れることができたが、その後椎骨を骨折しているとの診断を受けた。一方FIAはそれ以降の残りの日程に向けて、縁石を即刻除去するよう指示を出した。

「大クラッシュを見たよ。本当にショックだった」とガスリーは語った。

「事の始まりは見ていなかったけれど、彼が宙を舞うところを見たんだ。そして関係者が、何が起きたのかを説明してくれた」

「恐ろしいものを目にした。ペローニが事故後も無事なようで良かったよ。何かを変更する必要があるのは明らかだね。このような事故を起こすべきではない」

 この事故を目にしたことと、ハロがペローニを保護する役割を果たしたことでガスリーは、2018年にF1をはじめとするシングルシーターのレースに導入された際に物議を醸したハロについての意見を変えたことを認めた。

「ハロは好きになれなかったと言わなければならない」

「あのような場面を見ると、明らかにハロを使用する妥当な理由がある。ハロがなければどうなってしまうか分からないけれど、僕たちはそのことを想像したくはない」

 またガスリーは、なぜペローニのマシンが縁石に接触した際に空中に浮いたのかを是非とも知りたいと語った。

「F1マシンでもこのようなことが起きるとは予想されていない」

「このクラッシュを最初から見たわけではないけれど、理解するためにすべてを知りたい。単なる縁石のせいであれだけ高くマシンが浮き上がるのは常軌を逸していると思う。同じことを二度と起こさないようにする必要がある」

「他のコースでもこの種の縁石がいくつかあると思うけれど、どういうわけか、こうした事故が以前に起きたことはない。奇妙であると同時にとても恐ろしいことだよ」