LEXUS GAZOO Racing 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート

スーパーGT第6戦 AUTOPOLIS GT 300km RACE

急変する天候に翻弄されたオートポリスでヘイキ・コバライネン/中山雄一組LEXUS LC500が今季初優勝!
GT300クラスでは吉本/宮田組LEXUS RC F GT3が逆転初勝利

 九州・オートポリスで行われたスーパーGT第6戦は、好天から一転の雨で3度のセーフティカーが導入され、最後は乾いていくという天候に翻弄されたレースとなりましたが、ヘイキ・コバライネン/中山雄一組 DENSO KOBELCO SARD LC500 39号車が逃げ切って今季初勝利を挙げました。平川亮/ニック・キャシディ組KeePer TOM’S LC500 37号車が追い上げ3位表彰台。GT300クラスでも、終盤猛烈な追い上げを見せた吉本大樹/宮田莉朋組 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車がチームにとってLEXUS RC F GT3で初の勝利を飾りました。

 スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』が9月7日(土)、8日(日)の両日、大分県のオートポリスで開催されました。

 全8戦で競われている2019年シーズンのスーパーGTも今大会を含め残り3戦となりました。今季のLEXUS LC500勢は開幕戦こそ落としたものの、そこから4連勝中と強さを見せています。しかし、この好結果によりウエイトハンデも重くのしかかってきており、獲得ポイント×2kgの最後の戦いとなる今大会は、特にランキング上位の車両は厳しい戦いとなることが予想されます。

 しかし、LEXUS LC500にとって最後のシーズンとなる今季、タイトル獲得で有終の美を飾るためにも、ハンデの軽くなっていく終盤2戦へ向けて少しでも好成績を上げるべく、各チーム九州のマウンテンコースに挑みました。

■予選

 7日(土)接近していた台風の影響で風は強いものの雨はなく、気温28度、路面温度32度というコンディションで午後2時30分よりノックアウト方式の予選がスタート。上位8台がQ2へと進出するGT500クラスのQ1(15分)では、セッション前半は全車待機。残り7分半を切って坪井翔のWedsSport ADVAN LC500 19号車、そして39号車の中山雄一がまずコースインしていきました。

 セッション終盤、次々タイムが更新されていくなか、LEXUS勢では61kgのウエイトハンデを負いながらも石浦宏明が見事な走りを見せたZENT CERUMO LC500 38号車が2番手につけました。中嶋一貴のau TOM’S LC500 36号車が3番手、目下ランキング2位につけ、88kgのハンデを搭載する37号車のキャシディが4番手タイム。中山雄一の39号車が5番手で続き、LEXUS勢は4台がQ2進出を果たしました。

 坪井の19号車は僅かコンマ1秒及ばず、惜しくも9番手でQ1敗退。2連勝で120kg(搭載上限は100kg)ものウエイトハンデを科されたWAKO’S 4CR LC500 6号車は山下 健太の健闘も及ばず14番手となりました。

 Q2(10分間)でもライバル勢がタイムを更新していくなかで、関口雄飛の36号車が4番手タイムをマーク。ヘイキ・コバライネンの39号車が5番手、平川の37号車が7番手、立川 祐路の38号車は8番手から決勝レースのスタートを切ることとなりました。

 GT300クラスでは、若き宮田が序盤にマークしたタイムで60号車が6番手。ベテラン新田守男のK-tunes RC F GT3 96号車が14番手につけ、2台のLEXUS RC F GT3が上位16台によるQ2への進出を決めました。

 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 31号車が21番手、arto RC F GT3 35号車が23番手、TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30号車は26番手でグリッドが決定しました。

 Q2では阪口晴南がアタックした96号車が8番手、吉本の60号車が12番手グリッドとなりました。

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋)

■決勝

 8日(日)は朝から台風一過の好天に恵まれ、気温27度、路面温度33度のコンディションで午後2時半、大分県警の白バイとパトカーによる交通安全啓発パレードラップ、フォーメーションラップを経て65周で競われる決勝レースのスタートが切られました。

 すぐにクラッシュ車両によるセーフティカーが導入される波乱のスタートとなりましたが、再スタート後、4位の36号車中嶋、5位の39号車コバライネンが前車を猛追。15、16周目にライバルをパスし、3位、4位へポジションを上げました。

 その頃から、コースの一部で軽い雨が降り始め、20周を過ぎる頃には、他の部分では乾いているものの、1コーナーでは水煙が上がるような難コンディションとなりました。そんななかで素晴らしいテクニックを見せた38号車の立川と37号車のキャシディがライバルをかわし、LEXUS勢が徐々に上位へとポジションを上げていきました。

 レースが折り返しに近づく29周目、上位勢では先陣を切って37号車がピットイン。平川へとドライバー交代。この時点ではまだスリックタイヤの方が有利かと思われましたが、まもなく雨脚はさらに強まるなか、34周目にコース上にストップした車両があり、セーフティカーが出る前にと多くの車両が一斉にピットイン。狭いピットで大混乱となりました。

 まもなくセーフティカーが導入され、セーフティカーランで隊列を整えている間に雨は土砂降りとなり、コースは全域でヘビーウエットに。先のピットで、レインタイヤへ交換していた39号車、38号車、19号車が4、5、6位で再スタートが切られると、ピットインしていなかった上位の2台がピットへ向かい、もう1台もコースオフ。これで39号車の中山雄一を先頭に、LEXUS LC500のトップ3体制となりました。

 その後、スリックで走り続けていた車両などのスピンが続出し、この日3度目となるセーフティカーが導入。50周目に再スタートが切られると、トップの39号車がダッシュを決める後方で、2位の38号車は、前にいた周回遅れを抜くことができずに差が大きく開き、再スタート後僅か1周で首位の39号車は2位以下に11秒もの大差をつけました。

 レース終盤は、路面が乾いていくコンディションのなか、首位を逃げる39号車に、ライバルがじりじりと迫る展開に。しかし、中山雄一は落ち着いてタイヤをマネージメントし、後続との差をコントロール。3.7秒差で逃げ切り、39号車に今季初勝利をもたらしました。中山雄一にとってはGT500クラスでの初勝利。39号車の2名はドライバーズランキングでも3位に浮上しました。

 そして、トップ争いの後方では、スリックタイヤでずっと走り続け、スピンを喫するなどして一時は8位までポジションを落としていた37号車が、乾き始めた路面でライバル勢よりも1周あたり10秒近く速いタイムで猛追。ファイナルラップには3台をごぼう抜きにする速さをみせ、3位表彰台を獲得。
 
 ドライバーズランキングで首位6号車との差を僅かに縮めました。38号車が4位、6号車が6位、19号車が8位、36号車が10位に入り、LEXUS勢は全車がポイント獲得を果たしました。

 GT300クラスでは、8番手、12番手からスタートを切った96号車と60号車が、ともに阪口、宮田という若きドライバーが好走を見せて徐々にポジションアップしていきました。
 
 中盤、降雨でコンディションが悪化し、セーフティカーが導入される直前に96号車はピットインし、レインタイヤへと交換。再スタート後はスリックのライバル勢を次々にパスしていき、僅か2周でトップ3へ。ベテラン新田が2位争いを繰り広げました。

 一方、60号車は宮田がぎりぎりまで走り続け、40周を終えたところでピットイン。まだまだ濡れている路面ながら、吉本はスリックタイヤへと交換して10位でコースへ復帰しました。

 その直後、3度目のセーフティカーが導入され、再スタート後、吉本は徐々に乾いていく路面のなかでペースアップ。終盤はライバルに対し1周あたり5、6秒以上も速いタイムで猛追を見せ、60周目についに首位へと浮上。2015年からLEXUS RC F GT3でGT300クラスに参戦してきたチームにとって初の勝利をもたらしました。96号車も重いハンデながら健闘をみせ5位フィニッシュを果たしました。

GT300クラスで初勝利を挙げたSYNTIUM LMcorsa RC F GT3の吉本大樹と宮田莉朋(左)とDENSO KOBELCO SARD LC500の中山雄一とヘイキ・コバライネン(右)
GT300クラスで初勝利を挙げたSYNTIUM LMcorsa RC F GT3の吉本大樹と宮田莉朋(左)とDENSO KOBELCO SARD LC500の中山雄一とヘイキ・コバライネン(右)

■DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン

「勝つことができてとてもうれしいです。今年はこれまでなかなか表彰台に上れず厳しいシーズンでしたが、そんななかでもハードワークで支えてくれたチームに報いることができました」

「今週末は最初からとても好調で、昨日の予選もとても速かったです。ただ、今日の天気は大変でした。雨が落ちてきてからは絶対にミスを犯さないよう、慎重すぎるくらいに慎重に走りましたが、ドライの間はとてもバランスが良く、自分のスティントを楽しむことができました」

「後半は中山選手が素晴らしい仕事をしてくれました。途中でライバルが追い上げてきて心配でしたが、無線で『気をつけろ』と連絡したら『まったく問題ない、コントロールしているので安心して』と答え、そのとおりに走ってくれました」

「チームにとっても、とてもハッピーな結果です。これでランキングでも3位に上がりましたし、スーパーGTは何が起こるか分からないので、タイトルを目指し、最後まで絶対に諦めず戦い続けます」

■DENSO KOBELCO SARD LC500 中山雄一

「今シーズン他のLEXUS車両がすごく調子がいいなかで、我々は思うような結果が得られず難しいシーズンを送ってきましたが、ヘイキやチームとしっかり話し合って、思い切った変更をしたのも功を奏し、2戦ぶりにQ2進出も果たせました」

「僕が乗るときはピットが大渋滞で接触があったりもしましたが、これ以上ないタイミングでのピットでしたし、混乱の中でも素晴らしい作業で、ライバルの前でメカニックがコースに戻してくれました。今日の結果はチームのおかげです」

「セーフティカー明けでは、リスタートがすごく上手く行ったので、後続が近づいてくるまではタイヤを温存し、マージンをコントロールしました。これまでGT300クラスで同じメーカーのタイヤで長く戦ってきたことが役に立ったと思います」

「タイヤも車も信頼して最後まで攻め切れましたし、タイヤマネージメントも上手くできたので今日の結果には満足しています。GT500クラスの初年度で勝ててうれしいですし、今回の優勝でタイトル争いにも加わることができたので、チャンピオンを目指して頑張りたいです」

2019シーズン初優勝を飾ったDENSO KOBELCO SARD LC500 (ヘイキ・コバライネン/中山雄一)
2019シーズン初優勝を飾ったDENSO KOBELCO SARD LC500 (ヘイキ・コバライネン/中山雄一)

■KeePer TOM’S LC500 平川亮

「レース序盤はウエイトハンデもあってなかなか順位が上げられない状況が続いていましたが、上手くライバルを抜いた後はペースも良く、さらに上が狙えるかと思っていました」

「しかし、雨が降ってきて、セーフティカーも出てタイヤもブレーキも冷え、まったくグリップしない状況になってしまいました。タイヤを交換したかったのですが、あの状況でピットインしても順位を落とすだけなので、なんとかタイヤを暖め、ペースを上げられるよう頑張りました」

「その後、またセーフティカーが入ったことで差も縮まり、ラッキーでした。ただ、ペースを上げている途中でタイヤをロックさせ、その後150km/hくらいでスピンも喫してしまいましたが、上手くぶつからず、冷静に耐えられて良かったです」

「ただ、あれでタイヤにダメージを負ってしまい、その後はいたわりながらの走りになってしまいましたが、リスクを全部背負ってでも、とアタックして最後に3位に上がれて良かったです。順位を知らされておらず、10位か9位くらいだと思っていたので、3位だったので驚きました。クルマも好調ですし、ドライバーも乗れている勢いがあるので、それを活かせば残り2戦も行けると思います」

■KeePer TOM’S LC500 ニック・キャシディ

「平川選手が最高の走りをしてくれました。特に最後の数周は素晴らしかったです。この週末、我々はドライコンディションでとても好調でした。予選Q1でも、レース前半でもライバルをパスして5位でピットに戻ってこられました」

「その後、難しいコンディションの中で平川選手が3位という結果を勝ち取ってくれたことはうれしいです。ライバルがウエイトハンデに苦しんでいたというのはありますが、それ以上に我々もパフォーマンスを見せられたと思います」

「残り2戦どうなるかはわかりませんが、ここ5戦、第2戦富士では予選2番手、第3戦鈴鹿と第4戦タイでは2位、前戦富士で4位、そして今日3位と、ずっと良いレースができています。この勢いのまま、良い感触で残り2戦に臨めますが、まだ差はありますので、最後まで諦めずに戦います」

KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)
KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)