トロロッソ・ホンダF1のクビアト、オイル漏れでリタイア「レッドブルと戦う力があり、入賞は間違いなかったから残念」

 2019年F1イタリアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはトラブルによりリタイアした。

 12番グリッドからミディアムタイヤを履いてスタートしたクビアトは、レース中盤、6番手に浮上。バーチャル・セーフティカーが導入されたため、28周目、ソフトタイヤに交換したが、コースに戻った直後、マシン後方からスモークを上げ、コース脇にストップした。

 チームは原因はオイル漏れであると発表している。「ダニーがピットを離れた時、スモークが上がるのが見えた。データからオイル漏れが起きたことが分かったので、今後のレースに向けてマシンを守るため、コース脇に停めさせることにした」とチームリリースに記されている。

2019年F1第14戦イタリアGP ドライバーズパレードの際のダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第14戦イタリアGP ドライバーズパレードの際のダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=リタイア
 今日はすごいレースになるはずだった。リタイアする少し前にはレッドブル・レーシングと戦っていたし、ポイントを大量に確保できる見通しだった。

 でも残念ながらこのスポーツでは時にこういうことが起こる。いい仕事をしていながら、諦めてマシンを停めなければならないことがあるんだ。

 周囲のマシンと同じレベルのラップタイムで走っていた。僕の方がタイヤが新しかったから、トップ10以内でフィニッシュできたのは間違いないと思っている。

 貴重なポイントを稼ぐチャンスを逃すことになり本当に残念だ。でも最近の僕らは決勝でとても強いから、いいポジションをかけて戦う力があるのは明らかだ。気持ちを切り替えて、シンガポールのことを考えよう。