フランクフルトショー2019で初公開…アルピナB3ツーリング新型、450馬力発揮!

■アルピナの最新モデルはM340iツーリングがベース

アルピナは、先日「M340iツーリング」をベースとした「B3 ツーリング」新型のティザーイメージを公開しましたが、その実車プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

アルピナ B3 ツーリング外観_003
アルピナ B3ツーリング 新型プロトタイプ

ティザーイメージでは良く見えませんでしたが、目撃したプロトタイプではM340iと同様のクロム・ドットグリルが採用されているほか、アルピナのマルチスポークホイール、デュアルエキゾーストパイプ、本社所在地を示すナンバー「OAL」も確認できます。しかしコーナーエアインテークを含むバンパー、テールライトの一部がカモフラージュされているほか、ボンネットのバッジもかくされていることからも、専用デザインも期待できそうです。

アルピナ B3 ツーリング外観_007
アルピナ B3ツーリング 新型プロトタイプ

パワートレインは、M340iから流用される3.0リットル直列6気筒ユニットで、最高出力は400ps以上、「B3 S」では450psに達すると予想されています。また8速ステップトロニックギアボックスとxDrive 全輪駆動システムを搭載、0-100km/h加速は4秒未満で駆け抜けます。

ワールドプレミアの場は今週開催されるフランクフルトモーターショーになるでしょう。

(APOLLO)