カルダレッリ&マペッリ組がブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ初代王者に! 濱口弘もPro/Amで戴冠

 欧州を舞台に全10ラウンドを転戦していくブランパンGTシリーズ内のスプリント選手権『ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ』の第5戦ハンガリーがハンガロリンクで行われ、9月7日に実施されたレース1でAKKA ASPチームの88号車メルセデスAMG GT3(ラファエル・マルチェッロ/ビンセント・アブリル組)が優勝を飾った。翌8日のレース2も同コンビがポール・トゥ・ウインを決め、週末2連勝を達成してみせた。
 
 前週に開催されたニュルブルクリンク・ラウンドからの連戦となった今大会は、2019年シーズンにおけるスプリントシリーズの最終戦。タイトル争いが大詰めとなるなかで迎えたレース1は上空から雨が落ちるなかでのウエットレースとなった。
 
 そのため、レースはセーフティカー先導での幕開けとなり実質的なスタートは3周目に切られた。隊列の先頭からスタートしたマルチェッロ駆る88号車メルセデスは、危なげない出だしで2番手につけるブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3や、3番手のGRTグラッサー・レーシング・チームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoなど後続との差をラップごとに開いていく。

 しかし、レース開始から15分過ぎ、63号車ランボルギーニが4号車メルセデスをターン3で交わして2番手に順位を上げると、ミルコ・ボルトロッティがペースを上げてトップに肉薄していく。
 
 そんな両者はスタートから35分が経過しようかというタイミングで同時にピットへ。88号車はアブリル、63号車はクリスチャン・エンゲルハートに代わって首位争いの後半戦が開始となった。その後方からは約2秒差でマーロ・エンゲルの4号車メルセデスが続く。

 そのエンゲルはレース終盤になり路面の水量が減ってくると、ペースを上げて63号車を強襲。右へ左へラインを変えながら攻略を図る。一方、先頭を走る88号車メルセデスはこの2番手争いの間に再びリードを広げ、スタートから60分後のチェッカーフラッグをトップで受けた。約4周に渡って激しいバトルが続いた2番手争いは、ファイナルラップに順位を上げた4号車メルセデスに軍配が上がっている。

■カルダレッリ、マペッリ組が薄氷の王座獲得

2019ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第9戦ハンガリー・レース1 スタートシーン
2019ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第9戦ハンガリー・レース1 スタートシーン
GRTグラッサー・レーシング・チームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo
GRTグラッサー・レーシング・チームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo
ブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3
ブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3
雨のレース1でトップチェッカーを受ける88号車メルセデスAMG GT3
雨のレース1でトップチェッカーを受ける88号車メルセデスAMG GT3

 日曜のレース2はドライコンディションでの開催に。このレースでもポールポジションは88号車メルセデス。ドライバーズポイント62点、ランキング4番手の前日ウイナーに続く予選2番手は同63点、ランキング3番手につける63号車ランボルギーニだ。
 
 スタートではこの2台がターン1の侵入からターン3にかけてサイド・バイ・サイドになるが、ここは88号車を駆るアブリルがポジションを守る。その後方ではランキング2番手の4号車メルセデスが予選4番手からベルジャン・アウディクラブチーム・WRTの1号車アウディLMSを交わして3番手に浮上した。
 
 5周目、オープニングラップに導入されたセーフティカーランからリスタートが切られる。すると間もなく88号車メルセデスが逃げ、63号車を繰るエンゲルハートと4号車のエンゲルが2番手を争う展開となる。
 
 一方、ドライバーズポイント86点でランキング首位に立つオレンジ1・FFFレーシングのアンドレア・カルダレッリ/マルコ・マペッリ組563号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoは13番手スタートと苦しい立ち上がりとなるも、ピットウインドウ・オープンまでに8番手までポジションを上げていく。

 スタートから26分後、首位とのギャップが6秒となった63号車ランボルギーニが真っ先にピットへ。これに同門の563号車も続いた。翌周、首位を走る88号車メルセデスが63号車に反応してピットインしてポジションを守る。
 
 16周目には4号車メルセデスがオーバーカットを狙うが順位は変わらず。対して、アンダーカットを仕掛けた563号車は、4台を抜き去り4番手にジャンプアップを果たした。
 
 首位でマシンを受け継いだマルチェッロは、後半戦開始時に6秒だった後続の差を13秒以上に広げ独走状態に。レース終盤はクルージングでラップを重ね、そのままトップチェッカーを受けている。
 
 一方、2番手争いは3台がワンパックとなる接戦が繰り広げられた。3位では逆転戴冠が叶わない4号車メルセデスのストルツが、ボルトロッティ駆る63号車をオーバーテイクするべく背後にピタリとつけ、マペッリの563号車も1秒以内に続く。
 
 約20分に渡って繰り広げられたバトルは最後まで決め手に欠け63号車ランボルギーニが2位、4号車メルセデスが3位、563号車ランボルギーニが4位という順位で決着。

 この結果、カルダレッリ/マペッリ組が、エンゲル/ストルツ組と92.5ポイントで並びながらも勝利数の差でランキング首位を守り、ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパの初代チャンピオンに輝くこととなった。
 
 また、今大会をプロ・アマクラスのランキング首位で迎えた濱口弘/フィル・キーン組のオレンジ1・FFFレーシング、519号車ランボルギーニ・ウラカンGT3は土曜のレース1でクラス2位(総合22位)を獲得。翌日のレース2では今季4勝目となるクラス優勝(総合21位)を飾り、獲得ポイントをランキング2位と28.5ポイント差の131点として見事シリーズチャンピオンを獲得している。

2019ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第9戦ハンガリー・レース2 スタートシーン
2019ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第9戦ハンガリー・レース2 スタートシーン
GRTグラッサー・レーシング・チームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoと、ブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3
GRTグラッサー・レーシング・チームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoと、ブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3
週末2連勝を達成した88号車メルセデスのラファエル・マルチェッロ(左)とビンセント・アブリル(右)
週末2連勝を達成した88号車メルセデスのラファエル・マルチェッロ(左)とビンセント・アブリル(右)
シリーズチャンピオンを獲得したオレンジ1・FFFレーシングのアンドレア・カルダレッリ/マルコ・マペッリ組563号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo
シリーズチャンピオンを獲得したオレンジ1・FFFレーシングのアンドレア・カルダレッリ/マルコ・マペッリ組563号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo
ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ初代チャンピオンとなったマルコ・マペッリ
ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ初代チャンピオンとなったマルコ・マペッリ