「プロパイロット2.0」は素晴らしい技術だが、手放し運転の「実用性」は今ひとつ!?【新型スカイライン試乗記】

●システムを活かすも殺すも「お役所」次第!?

2019年7月にマイナーチェンジを受けた日産スカイライン。最大の目玉はハンズオフ機能(いわゆる、手放し運転)を含めた「プロパイロット2.0」です。

同機能は、ハイブリッド仕様に標準装備され、NissanConnectサービス(有料)への入会が必要となります。なお、年間22,000円(税別)でハイブリッド専用の「プロパイロットプラン」が用意されています。

日産スカイライン
マイナーチェンジを受けたスカイライン(ハイブリッド)の走り

「プロパイロット1.0」との違いは、同じ自動運転の「レベル2」ではありますが、単一車線内での支援から複数車線の支援に機能が拡大されたほか、車線変更支援、ハンズオフ機能のほかにも複数の機能が用意されています。

なお、自動運転のレベル2はテスラがすでに導入済みで、メルセデス・ベンツも複数のモデルで自動車線変更を数年前から投入済み。さらに、BMWも渋滞時の低速走行用ハンズオフ機能を市販モデルに搭載しています。

「プロパイロット2.0」は、3D高精度地図データを搭載しているのがポイントで、3眼カメラ(トライカム)、フロントレーダー、サイドレーダー(×4)、ソナー(×12)、AVMカメラ(×4)により自車周囲360度を検知。

日産スカイライン
日産スカイライン(ハイブリッド)の3眼カメラ

ハンズオフ機能を使うには、高速道路でナビのルート(目的地)設定が必要になります。ハンズオフの作動条件としては、3D高精度地図データが整備された高速道路、自車速度60km/h以上であること、制限速度内であることが必要です。また、高速道路でも対面走行区間ではハンズオフ機能は作動しません。

日産スカイライン
日産スカイライン(ハイブリッド)の「プロパイロット2.0」用ステアリングスイッチ

セット方法は、ステアリングスイッチ右側の青いプロパイロットスイッチを押し、車線変更支援スイッチを押すと開始。メーターのアイコンが白だと、ドライバーが操舵する必要があり、表示が緑の時はハンズオン(ステアリングに手を据えておく)で車線内走行が可能で、現行プロパイロットと同様になります。ただし、ハンズオンの状態でも3D地図により性能向上が図られています。そして、メーターのアイコンが青の時にハンズオフでの車線内変更が可能になります。

日産スカイライン
日産スカイラインのハイブリッドモデルの走り

以上の条件を満たしていると、前方に遅いクルマがいる場合、車両(システム)から追い越しの提案があり、ステアリングスイッチ右上のスイッチを押して承認すると、ウインカーが作動して自動的に車線変更が可能。なお、車線変更時には、ステアリングに手を据えておく必要があります。手放し運転だと自動車線変更は作動しません。

分岐や出口でもシステムから提案があれば、ハンドルに手を据えてスイッチを押すことで自動的に車線変更が行われます。そのほか、ウインカーを操作することで、任意のタイミングで自動車線変更が可能。この点はメルセデス・ベンツと同じです。

短時間かつ短い距離でしたが、実際に試してみると、条件下ではハンズオフ機能がきちんと作動し、遅いクルマを検知して自動車線変更や任意の自動車線変更も可能で、疲れているのでゆっくりと帰りたい時、流れが遅い時にはかなり使えるドライバー支援機能であることを確認できました。

日産スカイライン
日産スカイラインのインパネ(ハイブリッド)

一方で、制限速度を超えるとハンズオフ機能は作動しないため、80km/h制限の高速道路などでは、後方から乗用車はもちろん、それほど飛ばしていないように感じるトラックなどが迫ってくるなど、実際の流れを妨げるとまではいいませんが、リアルワールドの速度からするとかなり遅く感じられます。

がらがらに空いている高速道路や逆に少し流れが遅いシーンなどでは使えそうですし、「法定速度を超える走りはしない」という安全運転のドライバーにも重宝されそうです。

現在のアダプティブクルーズコントロール(ACC)は、その大半が115km/hから135km/h、あるいはもっと高い速度設定が可能なモデルが増えていて、リアルワールドで「使える機能」になっています。ハンズオフ機能を実現するために、日産が安全性を重視したと想像できます。あるいは国土交通省による認証の条件になっているのかもしれません。

その完成度が高いだけに、今後の運用をどうするのか気になるところです。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)