「トルク129キロのモンスターR35GT-Rが放つ異次元の加速力!」ガレージマックらしいスタイリッシュなエアロも注目だ

「トルク129キロのモンスターR35GT-Rが放つ異次元の加速力!」ガレージマックらしいスタイリッシュなエアロも注目だ

間瀬サーキットでラジアル最速をマークする快速ランナー!

タービン交換を軸に2019年仕様へとパフォーマンスアップ!

 

スタイリッシュかつハイパフォーマンスなマシン作りでおなじみのガレージマックが製作した、R35GT-R(2009年モデル)。ホームコースの間瀬サーキットで、ラジアルタイヤ最速となる1分2秒の記録を誇る合法サーキット仕様だが、ここにきてさらなるポテンシャルアップを敢行。2019バージョンへと進化したのである。

新仕様の目玉となるのは、これまでのブーストアップ仕様から900psオーバーへと、大幅なパワーアップを果たしたエンジン。タービンはHKSからリリースされたばかりのGTIII-800フルタービンキットで、それに合わせて鍛造ピストン&コンロッドでVR38DETTを強化。

ヘッドには同じくHKSのハイカム(IN264度/EX272度)が組み込まれ、サージタンクにセットされているインジェクターは中低速域のピックアップに優れる575ccの12本ドライブ。オリジナルセッティングのメインECUにより、ブースト1.7キロの設定で930psの最高出力と129kgmの最大トルクを獲得。なお、ブースト制御にはEVC6-iRを使用している。

強烈なGが襲うサーキット走行時にも安定した燃料供給を確保するために、トランク内にはコレクタータンクを装備。燃料ポンプも、HKSの195L/hインタンクタイプに交換されている。

豊富なデータを活かしたサスペンションセッティングも、ガレージマックの拘りのひとつ。このR35に装着されているのはHKSハイパーマックスIV SPベースのオリジナルで、バンピーなサーキットでもピッチングをしっかり吸収する足を目指して開発した。その他、ハイパワーに合わせて、ミッションやクラッチなど駆動系もしっかりと強化。リヤにはATS製のカーボンLSDを装着し、トラクションも向上させている。

そして、忘れてはならないのが、圧倒的な迫力を生み出しているオリジナルエアロ『Revolution(レボリューション)』だ。フロントはアンダーパネル形状を採用した純正交換タイプのカーボンリップスポイラーと、フロントカナードタイプ1をセット。

張り付けタイプフェンダーがスパルタンなワイドボディキットは、フロント片側35mm、リヤ片側45mmワイドの設定。サイドステップはローダウン感を強調するスカート形状を採用している。

今回、新たに追加されたのは、ダックテールウイングタイプ2。トランクのラインと一体化を図ったロータイプで、GTウイングタイプ3とのツインウイングスタイルを演出。リヤバンパーには新たにバッグフォグも追加され、ボリューム感のあるリヤスタイルを実現している。

組み合わせるホイールは前後11JのワイドなエンケイRS05RRで、タイヤには285/35サイズのポテンザRE-71Rを履く。ブレーキはキャリパーが純正ブレンボで、フロントローターをPFCの400mmに変更。パッドはエンドレスのMX72だ。

このチューンドに試乗したターザン山田選手は「930psのピークパワーは強烈。加速は身体を蹴飛ばされる感じだよ。それよりも驚いたのは太い低速トルクを低回転域から使えること。パワー特性もフラットで、5.0Lくらいの大排気量NAエンジンに乗ってるみたいなフィーリング。そのおかげで、どのコーナーも通常よりも1速高いギヤで走れるから、ドライバーへの負担が少ないし、タイムも楽に出せる。今回はウエット路面だったのでタイトコーナーの立ち上がりなどでテールスライドする場面もあったが、リヤスプリングのレートを下げるかフロント駆動を若干増やせばさらに踏んでいけそうだ」とコメント。

新仕様でのサーキット走行は今回がシェイクダウンだったというが、狙い通り終始安定した走りを披露してくれた。この調子なら、目標としている間瀬サーキット1分台も近い将来達成することだろう。

■エンジン:ガレージマック ECU/HKS ピストン、コンロッド、GTIII-800タービンキット、カムシャフト(IN264度 EX272度)、インタークーラー、スーパーターボマフラー、575ccインジェクター×12、EVC6ーiR/IP 点火コイル ■ドライブトレイン:ドットソン 強化クラッチ/ATS LSD(FR)/HKS アテーサコントローラー ■サスペンション:ガレージマック HKSハイパーマックスMAX IVーSP(ハイパコスプリング FR20kg/mm)、アッパーアーム ■ブレーキ:PFC 400mmローター(F)/エンドレス MX72パッド ■ホイール:エンケイ レーシングRS05RR(11J+0) ■タイヤ:ポテンザRE-71R(285/35-20) ■インテリア:デフィ・ブースト計、排気温度計 ■エクステリア:レボリューション ワイドボディキット、リップスポイラー、カナード、サイドステップ、ボンネット、GTウイング

●取材協力:ガレージマック 長野県長野市青木島町青木島乙276 TEL:026-254-7333