ポールのルクレール「混乱のなか計画が狂い、セブのサポートができず。1-2を目指していたのに」:フェラーリ F1イタリアGP

 2019年F1イタリアGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは今季4度目のポールポジションを獲得した。
 ルクレールは、Q1で1分20秒126(1番手)、Q2で1分19秒553(2番手)、Q3で1分19秒307をマークした。

 Q3最初のランでルクレールは暫定トップに立った。最後のランではトウ(スリップストリーム)をうまく使いたい各チーム同士のにらみ合いが続き、その結果、走行した9台のほとんどが時間切れのためフライングラップをスタートできずに終わった。

 Q3最初のランでルクレールはセバスチャン・ベッテルからトウを得て走ったが、2回目のランでトウを与える番になった時、混乱のなかでうまくプランを実行できなかったという。ベッテルは予選4番手にとどまった。

2019年F1第14戦イタリアGP土曜 予選トップ3のルクレール、ハミルトン、ボッタスのマシン
2019年F1第14戦イタリアGP土曜 予選トップ3のルクレール、ハミルトン、ボッタスのマシン

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 予選=1番手
 マシンから降りて、グランドスタンドからのティフォシの歓声を聞いた時は、もちろん素晴らしい気分だった。一方で1位か2位になれるポテンシャルを持っていたセブ(ベッテル)のことは残念だ。チームとして、今日の僕らにはそういう結果がふさわしかったと思う。

 今日の予選、なかでもQ3はかなりめちゃくちゃだった。最後の数分、ターン2の出口で2台のマシンに行く手を阻まれるというおかしな状況に陥った。セブはそこで僕を追い抜いていった。残り時間が少ないことに気付いていたのだと思う。

 その後、僕はベストなトウを探し、それから最終コーナー前でセブの前に出て、お返しで彼にトウを与えようとしたが、残念ながら計画どおりに進めるには遅すぎた。

 レースの話をすると、FP2で見る限り僕らのペースはかなり速そうだった。ライバルたちとの差はスパ・フランコルシャンの時よりも小さいと思う。モンツァではDRSとトウがとても重要なので、最初の3周で差を広げることが目標になる。二度と彼らに出会わないほどにね!