【海外カスタムレポート】タイ・バンコクでの日本車カスタム熱が凄い!!|バンコク インターナショナル オートサロン2019

海外カーショーREPORT
カスタムに積極的な自動車メーカー
ジャパンブランドの注目度も上昇中


BANGKOK INTERNATIONAL AUTO SALON2019
バンコクインターナショナルオートサロン2019


12時に開場し終幕は21時30分。日本ではちょっと考えにくいスケジュールで開催されていた、タイ・バンコクオートサロン。そんなユルさとは対照的には、カスタム熱はかなり盛り上がっている感じでした。
BANGKOK バンコク オートサロン タイ カスタム

TOYOTA/トヨタ


ピックアップトラックといえば、リフトアップにオフロードタイヤが定番。ローダウンしたオンロード仕様もかなり新鮮だ。

SUZUKI/スズキ


新型ジムニーはタイでも人気。スイフトはタイヤのはみ出しっぷりが斬新。車検制度のないタイでははみタイでも関係なし。

HONDA/ホンダ


展示車両のほとんどがSUVだったホンダブース。黒いSUVは、BR-V。東南アジアのみで販売されているコンパクトSUV。

MAZDA/マツダ


ワンメイクレースへの参戦を目的に製作されたMAZDA2(日本車名=デミオ)。軽量化のためのメニューがボディ各部に。

NISSAN/日産


日本ではお目にかかれないピックアップトラックのNAVARA(白)とTERRA(赤)。現地では大型車が特に人気のよう。

SUBARU/スバル


ブルーのBRZを6台も並べていたスバルブース(意図は不明でした……)。中央にはXVとフォレスターも。

ジャパニーズカスタムを発信


ジャパニーズカスタムを積極的に提案しているGODTOWA。アルパインスタイルのオーソライズドディーラー。

現地でも信頼度高ジャパンブランド

エンドレス

エンケイ

ブリッド
信頼性の高さから、メイドインジャパンのカスタムパーツはタイで非常に人気。ブレーキメーカーのエンドレスをはじめ、お馴染みのメーカーも数多く出展していた。

ジャパンメイドのカスタムカーも登場

ヴァルド×N’sステージ

トーヨータイヤ
ヴァルド・ブラックバイソンのエアロでコンプリートされたジムニーシエラや、オープンカントリーM/Tを履いたトーヨータイヤのハイラックスなど、東京オートサロン2019の話題車も会場に。

アルヴェル専用アイテム、タイ国内でも続々登場中




アルヴェルの贅沢感を高める金メッキのスカッフプレートやウッドボード。後席用のTVボードなどもあった。

ワールドワイドで人気上昇中、シャコタン、ビス留めオーバーフェンダー!!

MAZDA3 Garage Unique


ワークスフェンダーを纏い過激なワイドボディを披露。シーカーSXの18インチは驚異的なディープリムに。

30PRIUS KJMODIFY


全身からアグレッシブなムードを漂わせる30プリウス。ルーフは希少なソーラーパネル付きのムーンルーフ。

SUVと並ぶ人気を誇る1BOX



タイのカスタムショップVANSHOPで製作されたハイエースは、エアサスに22インチを装着したハードな仕上げ。

スタイルワゴン2019年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]