BMW 4シリーズ クーペ、ついにニュル出現。スタイリッシュな2ドアに

●3シリーズよりセクシーなスタイル。最強モデル・M4の設定にも期待

BMWが開発を進める新型2ドアスポーツ、「4シリーズ クーペ」の開発車両がニュルブルクリンクで高速テストを開始しました

BMW 4シリーズクーペ外観_002
BMW 4シリーズ クーペ 開発車両

これまでトランスポート・トラックで輸送中を撮影していましたが、実車が走るのを目撃したのは初めてです。捉えたプロトタイプの前後は厚いカモフラージュで隠されていますが、ハーフカップのC型LEDデイタイムランニングライトを光らせる薄型ヘッドライト、波打つスポーティなテールライトの一部が確認できます。またコンバーチブルでは見られない、後部デッキリッドへと流れる美しいルーフラインは、4ドアの「3シリーズ」よりかなりセクシーと言えそうです。

BMW 4シリーズクーペ外観_005
BMW 4シリーズ クーペ 開発車両

パワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ターボエンジンが予想されるほか、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンがラインアップされます。

また遅れてプラグインハイブリッドが設定されるほか、頂点には最高出力510ps、最大トルク598Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジン搭載するM4クーペの設定も濃厚と見られています。

BMW 4シリーズクーペ内観
BMW 4シリーズ クーペ 開発車両

室内では、オペレーティングシステム7.0を搭載、BMW最新の技術を備えるデュアルディスプレイ、3スポーク・ステアリングホイールなどドライバーズ志向のコックピットが見てとれます。

4シリーズのワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショー、遅れれば2020年3月のジュネーブモーターショーと予想されます。

(APOLLO)