助手席で笑いっぱなし! ドリキン土屋圭市さんがドライブするホンダS660 Modulo Xの横に乗ってみた【Modulo体感試乗会】

■異次元の世界にびっくり。ドリキンの助手席に!

富山県のおわらサーキットで行われた「Modulo体感試乗会」で、Modulo開発アドバイザーの土屋圭市さんがドライブするS660 Modulo Xに同乗させてもらいました!

ドリキンこと土屋圭市さん
ドリキンこと土屋圭市さん

土屋さんと言えば、ドリフト走行を多用するドライビングスタイルから「ドリキン」(ドリフトキング)と呼ばれ、世界的にも人気のあるドライバー。

現在はModulo開発アドバイザーを務める他、スーパーGT GT500・300両クラスに参戦するARTAのエグゼクティブアドバイザーも務めています。またファン想いな事も有名で、その人柄の良さからサーキットでお見掛けするといつも土屋さんの周りにはサインや写真をお願いする人がたくさん集まっている印象です。

ホンダアクセスS660 Modulo X
ホンダアクセスS660 Modulo X

■自分の思ったように曲がってくれるS660 Modulo Xとは?

Modulo Xはホンダ車の純正アクセサリーを手がけるホンダアクセスが、ベースとなる車両にさらなるこだわりと時間と情熱をかけて磨き上げたコンプリートカー。

2013年に誕生したN-BOX Modulo X以降ステップワゴンやフリードなどが発売され、S660 Modulo Xは2018年7月に誕生した5台目のモデルです。

ホンダアクセスS660 Modulo X内装
ホンダアクセスS660 Modulo X内装
ホンダアクセスS660 Modulo Xメーター
ホンダアクセスS660 Modulo Xメーター
ホンダアクセスS660 Modulo X特別カラーのルーフ
ホンダアクセスS660 Modulo X特別カラーのルーフ
ホンダアクセスS660 Modulo X特別カラーのシフトノブ
ホンダアクセスS660 Modulo X特別カラーのシフトノブ

走行性能はもちろんですが、カラーコーディネートがお気に入り。車内のインテリアやルーフトップのボルドーレッドが上質で、めちゃくちゃかっこいいんです! Modulo Xならではの「特別感」を味わえるのも、また良いんですよね〜。

実際に私も運転させてもらったのですが、コーナーで自分が思っていたように曲がってくれたので怖さが全くありませんでした。Modulo Xの目指す「特別な技術がある人の楽しみでなく、誰もが扱いやすく楽しめるクルマにすること」をステアリングから感じられた瞬間でした。

ホンダアクセスS660 Modulo Xに乗り込むドリキン土屋圭市さん
ホンダアクセスS660 Modulo Xに乗り込むドリキン土屋圭市さん

でも、もっとスピードを出したらその凄さがさらに分かるはず! 早速土屋さんの助手席に乗り込んでみます。

■異次元の世界にびっくり!

ドリキン土屋圭市さんの助手席で少し不安そうなyuri
ドリキン土屋圭市さんの助手席で少し不安そうなyuri

隣に座る土屋さんのオーラに思わず「ドリフトしないでくださいよ」なんて言ってしまいましたが、ホントは少し期待中(笑)。

コースに入る際、クルマがギリギリ通れるくらいのカラーコーンを抜けていくのですが、そこからすでに速い! 私の走行とは比べ物にならないくらいのスピードです。

サーキットを走り回るホンダアクセス S660 Modulo X
サーキットを走り回るホンダアクセス S660 Modulo X

コースに入ると、さらに加速し攻めまくります。今まで体感したことのないスピードで身体がGに耐えきれず左右に揺れたのですが、でも車体は安定していてびっくり! これぞModulo Xの最大の魅力ですね。

そして参加者の方が全員興奮気味に話してくれたブレーキングは本当に無駄がなく、コーナーギリギリまでハイスピードで攻めるその走りに、「ぶつかる〜」と何度叫んだことか(汗)。

かなり嬉しそうなドリキン土屋圭市さんと助手席のyuri
かなり嬉しそうなドリキン土屋圭市さんと助手席のyuri

2周走行してもらったのですが、だんだんスピードも上がり私の絶叫もMAX。

ん?なんだかクルマのオシリがすべっている気が…。「もしかしてドリフトしました?」と聞いてみたら、「ドリフトしてるよ〜」なんて笑いながら余裕の土屋さん。嬉しいけど、身体と目がついていきません〜。

土屋さんのツッコミが鋭い
土屋さんのツッコミが鋭い

土屋さんの面白い突っ込みもあり、車内は終始笑い声と叫び声に包まれ、本当に楽しいひと時でした!おかげで翌日声がガラガラでしたけどね(笑)。

ドリキン土屋さんのドライビングは今まで経験したことのない次元のもので、クルマから降りると「大丈夫?」と周囲の人に声をかけられるほど放心状態に。「クルマってこんな動きもするんだ」と世界観が変わりました。

土屋さん、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

後半は動画を確認する余裕も?
後半は動画を確認する余裕も?

実は私の父もS660(ノーマル)に乗っており、よく助手席に乗るのですが、Modulo Xはハイスピードでも安定していて乗り心地も最高!

父のドライビングテクニックがイマイチなのか、土屋さんが凄すぎるのか、それともModulo Xパワーなのか…。いや、全てが当てはまる気がする!元が同じクルマとは思えないくらい、その違いに終始驚きっぱなしでした。

■土屋圭市さんが、なぜModulo開発ドライバーに?

Modulo開発ドライバーのドリキンこと土屋圭市さん
Modulo開発ドライバーのドリキンこと土屋圭市さん

すっかりModulo Xと土屋さんの虜になった私ですが、ここで一つ疑問が。なぜこんなにも激しいドライビングをする土屋さんが、スポーツモデルでなく乗り心地を重視したModulo Xの開発に携わっているのでしょうか。

気になったので、直撃してみました!

「昔NSXを乗っていたんだけど、公道で凄く乗り心地が悪かったのね。それでこれじゃダメだと。もっと乗り心地の良い物を作りたいと思ったんだよ」

サーキットだけでなく、峠も走る土屋さんだからこそ感じることですね。納得です!

会場にはMT、ATのS660 Modulo Xの試乗車を用意
会場にはMT、ATのS660 Modulo Xの試乗車を用意

ドライバーが安心して運転でき、ハイスピードでも助手席も乗り心地が良く一緒に楽しめる。

ただ速いだけじゃない、S660 Modulo Xはワンランク上のスポーツカーだなと土屋さんの隣に乗りながら感じたのでした。

S660 Modulo X

(撮影:前田 惠介/文:yuri)