バンドーン、将来のF1復帰を否定せず。「マクラーレンにも悪感情はない」

 元マクラーレンF1のドライバーでベルギー出身のストフェル・バンドーンは、先週のF1ベルギーGPの週末、スパ・フランコルシャンを訪れた。現在はF1活動から離れているバンドーンだが、将来復帰する可能性を否定していない。

 マクラーレンの低迷期に同チームに所属したバンドーンは、F1に参戦した2年間で大きな活躍を見せることなく、2018年シーズン末でチームを離れた。バンドーンは、メルセデスが2019/2020年シーズンからフォーミュラEに正式エントリーを開始するための準備を行ったHWAレースラボに所属してシーズン5に参戦。自身のモータースポーツにおけるキャリアに、新たな弾みをつけた。

 元GP2チャンピオンのバンドーンは、9月11日に発表されるメルセデスのフォーミュラEラインアップの候補であると考えられている。

「まだ何も言うことはできないけれど、確信を持っているよ」とバンドーンはベルギーの放送局『Sporza』に語った。

「フォーミュラEでの評判を上げたいんだ。なぜなら多くの人たちは、マクラーレン時代の僕のことしか覚えていないからね」

バンドーンは当面フォーミュラEへの参戦に集中していくという

 マクラーレンは今シーズンに復調を果たしており、現在はF1の熾烈な中団グループ争いでトップに立っている。バンドーンは、以前所属していたチームに対して悪い感情は持っていないと語っている。

「悪感情はまったく持っていないし、当然ながらチームの様子に目を向け続けている。今年の彼らは素晴らしい進歩を果たしているね」

「僕がマクラーレンで過ごした2シーズンは、チームの歴史の中でも最悪の期間だったのかもしれない。残念なことだけれど、それについては何もできることがない」

「今の僕にはフォーミュラEという素晴らしいプログラムと、有望な将来がある。僕たちはすぐにでも、優勝やタイトルを賭けて戦うポジションにつけることができると思う」

 将来バンドーンがF1グリッドへの復帰を検討する可能性はあるのだろうか?

「様子を見るよ」とバンドーンは答えた。

「まず、僕はフォーミュラEで優勝したい。F1で何かしらのチャンスが出てくるかどうかについては様子を見る。もしかしたら2021年の前に検討することになるかもしれないけれど、今のところは自分の現在のプログラムに集中しているよ」