レクサス・RXがターゲット! ヒュンダイ高級車ブランド初のクロスオーバーSUVをキャッチ

●販売不振が続く「ジェネシス」ブランド。起死回生の役目を担うクロスオーバーSUV

韓国・ジェネシス初のクロスオーバーSUV「GV 80」の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ジェネシス GV80外観_003
ジェネシス GV80 プロトタイプ

ジェネシスは、もともとヒュンダイのモデルとして存在していましたが、2015年に世界市場でレクサスと戦うべく高級車ブランドとして独立しました。しかし新型モデルを続々と投入するレクサスに比べて思うように開発が進まず、販売不振が長期化しています。

そこで起死回生の一手として期待されているのが、ブランド初のクロスオーバーSUVであり、ライバルをレクサス「RX」とする「GV 80」です。

ジェネシス GV80外観_011
ジェネシス GV80 プロトタイプ

同ブランドでは、2017年のニューヨークオートショーにてSUVコンセプト「GV 80」を公開しています。市販型ではプラットフォームにはFRセダン、「G 80」新型と同じRWD/AWDプラットフォームを採用し、コンセプトのデザインが反映されるはずです。

捉えたプロトタイプは、フロントエンドに大型の「クレストグリル」を装備、薄型のヘッドライトの一部を確認できるがコンセプトの2本ラインが採用されるかは不明です。またテールライトは、コンセプトに非常に似た細く水平の2本線が見てとれます。

ジェネシス GV80外観_010
ジェネシス GV80 プロトタイプ

パワートレインは、最高出力365hpを発揮する3.3リットルV型6気筒ツインターボエンジン、最高出力420psを発揮する5.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンラインアップが予想されています。

ワールドプレミアは、2020年後半が予想されており、同社ではコンパクトな『GV 70』も計画しているようです。

(APOLLO)