フォーミュラE:ニッサン、2019年11月開幕のシーズン6参戦布陣を発表

 シーズン6にあたる2019/20年のABBフォーミュラE選手権に参戦するニッサン・e.ダムスは9月5日、起用ドライバー2名を発表した。第5シーズンに続き、セバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのふたりを起用し、シリーズチャンピオン獲得を目指す。

 シーズン5の2018/19年シーズンからフォーミュラEに参戦を開始したニッサン・e.ダムス。エース格のブエミは第12戦ニューヨークE-PRIXでチームに初優勝をもたらしたほか、終盤4戦で表彰台を獲得してドライバーズランキング2位につけた。

 また、シーズン5がフォーミュラE初参戦となったローランドはルーキー勢のなかで最多得点の71ポイントを稼ぎ出し、ランキング10位で参戦初年度を終えている。チーム全体としてもシーズン5全戦でスーパーポールシュートアウトに進出し、そのうち6戦でポールポジションを獲得する速さをみせた。

 迎えるシーズン6は新たにポルシェとメルセデスがワークス参戦を開始するため、さらに激しい争いが予想される。開幕戦は11月22~23日にサウジアラビアのリヤドで行われるダブルヘッダーだ。

 新シーズンに向けて、チームの指揮を執るマイケル・カルカモは「自信をもってこのふたりを選んだ」とブエミ、ローランドを継続起用した理由を明かす。

「ブエミは、ルーキーイヤーであるローランドのサポートにも最善を尽くしてくれたし、つねにチームを前進させることを優先してくれた。ブエミがニッサンにもたらしてくれた初勝利を誰も忘れることはないだろう」

 引き続き、ニッサンからフォーミュラEに参戦するブエミは「シーズン6はシーズン5の勢いをさらに増していきたいと考えている。シーズン6にはいくつかの新しいメーカーが参加しますが、僕たちはチームとして多くの経験を積んだから、競争力はさらに高まっている」と意気込みを語った。

「ローランドがふたたび僕のチームメイトになるのは素晴らしいことだ。継続性が重要だからね。1シーズンともに戦ってきた経験は、大きな力になるだろう」

「チームが前進するためにはふたりのドライバーがともに速いことが重要だが、ローランドは昨シーズンでその速さを証明した。速いチームメイトは僕を進歩させてくれるよ」

 同じくニッサン・e.ダムスから継続参戦するローランドも「ブエミとのチームは最高で、彼から多くのことを学んだ。今後もお互いに高めあい、チームをさらに前進させることができると思う」と述べている。