走行中でも音声で操作できる無料のAIカーナビアプリ「LINEカーナビ」を提供開始

●LINEのAIアシスタントで安全ドライブをサポート

2019年9月5日、LINEはトヨタのカーナビゲーションエンジンを搭載した「LINEカーナビ」の提供をスタートしました。

LINEカーナビ
2019年9月5日から提供が開始された「LINEカーナビ」。スマホ・ナビのほか、SDL対応アプリとしても車載器に接続して使用できるようになる予定

「LINEカーナビ」は、LINEのAIアシスタントである「Clova(クローバ)」により音声操作が可能な無料カーナビアプリ。走行中でも音声操作が容易にできるため、いわゆる「ながらスマホ」の厳罰化を前にして安全で便利なドライブをサポートするとしています。

「ながらスマホ」は、全交通違反行為の識別中3位というデータもあり、今年12月までに厳罰化が盛り込まれた道路交通法の改正が予定されています。

LINEカーナビ
音声操作でスポット検索、目的地設定が可能

同アプリは、LINEが「Clova」で培ってきた日本語音声認識、音声合成技術を活用した音声インターフェースと、豊富な走行データをもとに最適な情報を提供するトヨタのハイブリッドナビエンジンを連携させ、AIカーナビとして提供されもの。

同アプリをインストールしたスマホに話しかけることで、目的地操作などのカーナビ操作に加えて、音楽再生や家電操作といったAIアシスタントの「Clova」で提供されているサービスを利用できます。LINEのメッセージ送受信にも対応し、音声読み上げ機能により、スマホの画面を見ることなくメッセージの送受信が可能です。

LINEカーナビ
カーナビ専用のアカウントをLINEグループに追加し、同グループ内でLINEの送受信が可能

また、走行中に急に目的地を変更したり、コンビニやガソリンスタンドなどに立ち寄ったりする際も「Clova、近くのコンビニ探して」などと発話することで、目的地の再設定もできます。

トヨタのハイブリッドナビエンジンを搭載することで、走りやすいルートガイドや高精度な到着時刻予想、渋滞情報も走行データから取得し、最適な再探索にも対応。こうした技術により、細街路に案内されることなく、安心してドライブが楽しめるそう。

「LINEカーナビ」の利用は無料で、地図情報は最速かつ最頻度で自動更新され、アプリ単体での使用のほか、SDL(Smart Device Link)対応アプリとして車載器に接続して使用できるようになるそう(対応車種や提供開始日は後日発表される予定です)。

なお、同アプリは、カーナビ専用のアカウントをLINEグループに追加し、同グループ内でLINEの送受信が可能。個人間のメッセージ送受信機能については今後追加予定としています。さらに、今後は、LINE無料通話機能や利用傾向により、ルート案内をパーソナライズし、駐車場との情報連携機能なども追加される予定だそう。将来的には、お店などの「検索、予約、行く、決済」といった移動の流れを最適化するMaaS(マース)への取り組みにも活かすとしています。

「LINEカーナビ」の対応OSは、iOSが11.0以降、Androidが5.0以降。対応言語は日本語で、サービス地域は日本。利用料は無料ですが、通信料はユーザー負担になります。

(文/写真 塚田勝弘)