アルピーヌ A110で富士スピードウェイを走る! オーナー向けのWEC観戦プログラムも実施

アルピーヌ A110で富士スピードウェイを走る! オーナー向けのWEC観戦プログラムも実施

Alpine A110

アルピーヌ A110

富士6時間耐久レースと同時開催

アルピーヌ・ジャポンは、10月5日(土)と10月6日(日)に富士スピードウェイで開催される「2019-2020 FIA 世界耐久選手権 第2戦 富士6時間耐久レース」の開催期間中、アルピーヌオーナーを対象とした特別プログラム「アルピーヌ A110 スペシャルドライビングレッスン」と「WEC スペシャル観戦プログラム」を実施する。

アルピーヌ A110 スペシャルドライビングレッスン

開催は10月5日(土)の12時30分から17時頃まで、会場は富士スピードウェイショートサーキットを用いる。参加対象は現行のアルピーヌ A110のオーナーに限定され、講師はユイレーシングスクールを主催する元ジム・ラッセル レーシングスクールインストラクターのトム ヨシダ氏を招聘。申し込みはアルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイト ニュースページの応募フォーム(下記リンク先参照)からとなり、募集人数は先着順10名(参加1名につき同伴者は1名まで)。参加費用は税込み1万9440円。

WECスペシャル観戦プログラム

こちらは新旧モデルを問わずアルピーヌオーナーに向けたレース観戦プログラムで、10月6日(日)の7時に受付開始、17時のレース終了まで実施する。このプログラムは、パドックパス、グランドスタンド至近のオーナー専用駐車場、専用ゲストルーム(プラチナルーム)、記念写真撮影、ランチがセットになったプレミアムな観戦パッケージ。募集人数は先着順20組(1組につき2名まで参加可)、参加費用は1名につき税込み1万6200円となっている。参加申し込みは、ドライビングレッスンと同様に下記リンク先から。

アルピーヌ A110 スペシャルドライビングレッスンとWEC スペシャル観戦プログラム、条件を満たせば両方とも参加することも可能だ。また、いずれも申し込みは先着順で、受付期間は9月17日(火)までとなっている。

【問い合わせ】

アルピーヌコール

TEL 080-1238-110

【参加申し込みサイト】

・アルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイト ニュースページ

https://www.alpinecars.com/ja/news/