日産キューブが年内で生産終了するも、待望の新型ジュークが欧州でデビュー【新車】

●エクステリアはよりシャープに。リアの居住性も向上!

朝日新聞や日本経済新聞などの一部報道によると、日産キューブの生産が2019年12月に終えると決定したそうです。現行キューブは今冬で11年目を迎えますが、フルモデルチェンジをせずに姿を消すことになります。

日産ジューク
新型日産ジューク(欧州)仕様のフロントビュー

一方、Bセグメント級SUVでライバルに先行したジュークは、ここ数年、フルモデルチェンジの噂がありました。ついに、欧州で新型が発表されました。コンパクトSUVは、日本だけでなく欧州勢も注力していて、今回はロンドン、パリ、ミラノ、バルセロナ、ケルンの5つの都市で同時に新型ジュークが発表されました。新型ジュークは、英国サンダーランド工場で生産され、欧州市場において11月末からデリバリーが開始される予定です。

日産ジューク
欧州で発表された新型日産ジュークの前後デザイン

登場以来、日産ジュークは、欧州のユーザーから多くの支持を集めていて、これまでに約100万台販売されていて、新型は洗練された魅力的なデザインと最新の先進技術を採用。評価されてきた高い実用性やパフォーマンスをさらに向上させたそう。
新型ジュークの見どころはやはりエクステリアデザインでしょう。フローティングルーフによるクーペを彷彿とさせるデザインと、印象的な19インチアルミホイールによって、躍動的な外観が表現されています。

●ルーフやインテリアのカラーを自由に組み合わせることも可能

また、アイコニックな丸型のLEDヘッドランプに加えて、日産お馴染みのVモーショングリルとY字型シグネチャーを組み合わせた新しいフロントマスクが採用されています。ボディカラーは、新色「フジ サンセット」が追加され、計11色を用意。

日産ジューク
新型日産ジュークのフロントビュー

インテリアでは、弱点だった後席の広さが改善しています。後席のニースペースを5.8cm、ヘッドルームを1.1cm拡大し、ラゲッジルームも約20%拡大することで422Lとするなど、実用性が大きく向上したのは朗報です。また、ダッシュボードやドアトリムに柔らかい触感の素材を採用し、ホールド性に優れるシートにはアルカンターラやレザーをオプション設定することで、高級感の演出にも抜かりはなさそう。

日産ジューク
広くなった新型ジュークのリヤシート

さらに、新たに「Nデザイングレードパッケージ」が設定され、オーナー自身の1台を作ることを可能にしています。ボディやルーフカラーの組合せやインテリアカラーの選択、バンパーやサイドシル、19インチアルミホイールの組合せが楽しめます。

日産ジューク
新型ジュークのフロントシート

走りも磨かれているようです。全長、全幅、全高を拡大し、キャビンをより広く快適にながら、23kgの軽量化を実現したとしています。また、高張力鋼板の使用などによりプラットフォームの剛性をあげ、ジュークならではのスポーティさと俊敏さにさらに磨きをかけ、より優れた走りが得られるそうです。

日産ジューク
新型ジュークのインパネ

搭載されるエンジンは、1.0Lの3気筒直噴ターボエンジンで、グレードによって6速MTと7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)が組み合わされます。7速DCTには、パドルシフトとドライブモードセレクター(エコ、スタンダード、スポーツ)が装備され、道路環境やドライバーの好みに合わせてエンジン特性や変速特性を変更することができます。

安全、運転支援機能も充実。高速道路の単一車線でドライバーを支援する「プロパイロット」が搭載されるほか、歩行者や自転車を認識する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、道路標識を認識して車速を調整する「インテリジェント スピードアシスト」、車線逸脱を防止する「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」のほか、「RCTA(後退時車両検知警報)」や「BSW(後側方車両検知警報)」など多くの安全技術が用意されています。

日産ジューク
新型ジュークには、「NissanConnect」インフォテインメントシステムが搭載される

コネクティビティも充実しています。新しい「NissanConnect」インフォテインメントシステムが搭載され、「AppleCarPlay」や「Android Auto」を使用して、お気に入りのスマホ・アプリを8インチのタッチスクリーンに表示することが可能。また、車載Wi-Fi機能を使い、パソコンやタブレット端末を接続することもできます。

また、「NissanConnect Services」アプリにより、スマホを使ってクルマから離れている場所からクルマのドアロック状態を確認したり、ドアのロック、アンロックを行ったりすることも可能。さらに、ドライブ前にタイヤの空気圧やエンジンオイルのレベルを確認することもできます。オーディオでは、「Bose Personal Plus」サウンドシステムが注目。ヘッドレストを含む8個のスピーカーが搭載され、高音質な音楽を聴きながらドライブを楽しむことができます。

(塚田勝弘)