トロロッソ・ホンダのガスリー、イタリアGPで投入のスペック4に期待「新エンジンの力を借りて順位を上げていきたい」

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末のF1第14戦イタリアGPで、ホンダの最新版パワーユニット(PU/エンジン)を搭載する予定であると明かした。

 ホンダは前戦ベルギーGPで最新のスペック4をレッドブルのアレクサンダー・アルボンとトロロッソのダニール・クビアトの2台に投入した。後にレッドブル代表クリスチャン・ホーナーは、アルボンは古い仕様のものに戻して予選と決勝を戦ったと発言しているが、クビアトはスペック4で週末を走り切ったという。

 ガスリーは今週末は自分のマシンにスペック4パワーユニットが搭載される予定だと語った。

「スパの土曜にあんなこと(注:FIA-F2ドライバー、アントワーヌ・ユベールがレース中の事故で死亡)があってからまだ数日しかたっていないので、アントワーヌのことが頭から離れない」とガスリーはトロロッソによるプレビューコメントのなかで語った。

「でも僕らはレースをするためにここにいるのだし、今週末もいつもどおりベストを尽くして走りたい」

「モンツァのサーキットが大好きだ。歴史あるサーキットであり、カレンダーのなかで最も高速なサーキットのひとつだ。ここを現代F1マシンで走ると、アドレナリンがほとばしる」

「伝統のサーキットで、いいバトルやいいレースを何度も生み出してきた。僕自身については、ここは得意で、去年はトロロッソで予想外の予選トップ10に入った。決勝では苦労したけどね」

■「新PUを搭載したパッケージのパフォーマンスを早く確認したい」とガスリー

 ガスリーは、パワーユニットを交換する場合、グリッド降格ペナルティを受けるが、新型エンジンの力を借りて、できるだけ上位までポジションアップしたいと語った。

「今週末、どういうパフォーマンスを発揮できるのか、確認するのが楽しみだ。僕らはホンダの最新仕様のPUを投入してグリッドペナルティを受ける予定なので、エキサイティングなレースになるかもしれないよ。グリッド後方から戦って順位を上げていきたい」

「そうなると予選は僕に関してはそれほど重要ではなくなる。エンジニアとともにレースに集中し、新しいエンジンのパワーを活用してポジションアップできるよう、準備していく」

2019年F1第13戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、ヘルメットに亡くなった親友ユベールへの追悼メッセージ
2019年F1第13戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、ヘルメットに亡くなった親友ユベールへの追悼メッセージ

「このサーキットのレイアウトは、コーナー数が少なく、とてもシンプルだ。でも小さなウイングを装着し、ダウンフォースレベルを低くして、できるだけ高いトップスピードを出せるようなセッティングで走るので、その面でのチャレンジがある。ストレートで350から360km/hに達し、ハードブレーキングでコーナーにアプローチしていくんだ」

「低速シケインが2カ所ある。アスカリ、レズモ、パラボリカは走っていて爽快だ。低ダウンフォースのマシンだとリヤがスライドしやすいから、ドライバーにとってはかなり手ごわいレイアウトだ。他のマシンのスリップストリームを使うチャンスがあり、そこからすごいバトルが生まれる可能性がある」

「ここはトロロッソにとってホームレースだ。僕はここに引っ越してきて、イタリアで過ごす時間が増えているから、僕にとってもホームといえる。イタリアの皆と一緒にこの週末を楽しみたい」