レッドブル代表インタビュー:アルボンはPU性能に頼らず5位入賞。「実はふたりとも、ホンダのスペック2で戦っていた」/F1ベルギーGP

 レッドブル・ホンダ移籍後初レースで力強い走りを見せ、5位入賞を果たしたアレクサンダー・アルボン。一方のマックス・フェルスタッペンは、スタート直後にキミ・ライコネン(アルファロメオ)と絡みリタイア。1年前のベルギーGP以来21戦続いていた上位入賞連続記録がついに途絶えてしまったことを、クリスチャン・ホーナー代表は非常に悔しがっていた。

 一方で同代表は、ベルギーの週末ではふたりのドライバーがともに、2世代古いスペック2で戦っていたことを明らかにした。本来の計画では、少なくともフェルスタッペンはスペック3で週末を走る予定だったが、何らかの問題が起きたことでスペック2使用を決めたようだ。

2019年F1第13戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン
2019年F1第13戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン

――アルボンが初戦で5位入賞を果たしました。
ホーナー代表:アレックス(アルボン)の週末を通じてのパフォーマンスには、実に強い感銘を受けた。技術的フィードバックも、コース上での走行ペースも、素晴らしいものだった。

 そしてレースでは、アグレッシブな走りに終始した。バカげたミスなど、まったく犯さずにね。特にレース後半は、われわれをワクワクさせてくれた。ダニエル(リカルド)とセルジオ(ペレス)という、決して抜くのが簡単ではないふたりのドライバー相手に、堂々と勝負を仕掛けて、鮮やかに仕留めた。17番グリッドから5位入賞。見事と言うほかない。

――ホンダのスペック4には、どんな印象を持ちましたか。一方で旧スペックで走ったフェルスタッペンは、結果を出せませんでしたが。
ホーナー代表:実はふたりのドライバーのどちらも、スペック4エンジンでは走らなかったんだ。アレックスは金曜日にスペック4を搭載して、グリッド降格のペナルティを受けたけどね。レースはふたりとも、スペック2で戦った。

 マックスのレースは1周もしないうちに終わってしまったけれど、スペック4で19番グリッドから7位入賞を果たしたクビアトの走りを見る限り、次のモンツァに向けても(スペック4は)十分期待できると考えているよ。確かな進化が、実感できたからね。

■予選で起きたマックス・フェルスタッペンのパワーロストラブル

――予選の際にフェルスタッペンに起きたパワーロスのトラブルは、どんなものだったんでしょう?
ホーナー代表:以前のレース週末で行なっていたほどの、アグレッシブなフルパワーモードを予選では使えなかったということだ。それは主として、ここまでの累積マイレージに起因するもので、それ以外の外的な要因によるものではない。

――次のイタリアGPでは、フェルスタッペンもスペック4を搭載しますか?
ホーナー代表:ホンダとの最終的な話し合いをしてからだが、その可能性は非常に高いね。

――フェルスタッペンの連続上位入賞が、今回途絶えてしまいました。
ホーナー代表:そう。ちょうど1年前のベルギーGP以来、最低でも5位入賞をここまで続けてきた。その素晴らしい記録が21戦で途絶えてしまったのは、残念という他ない。ちなみに2016年のスパでも、マックスはスタートで出遅れて、キミ(ライコネン)と接触してリタイアしているんだけどね(苦笑)。アレックスのレースペースを見る限り、もし無傷で走り続けていたら、フェラーリやメルセデスを追う展開は十分可能だったと思うよ。

――表彰台に上がれていたかもしれない?
ホーナー代表:それはわからないけれど、期待はできたんじゃないかな。少なくともセバスチャン(ベッテル)やバルテリ(ボッタス)とは、競り合っていたはずだ。

――土曜日の死亡事故(FIA-F2のアントワーヌ・ユベール)に、ガスリーは強いショックを受けていました。
ホーナー代表:当然だと思う。小学生時代からともにF1を目指して戦い、何年間も生活を共にし、親同士も非常に仲が良かったからね。土曜日の事故はF1だけでなく、シングルシーターのあらゆるカテゴリーに潜む危険の可能性を、改めてわれわれに突きつけた。本当に、痛ましい事故だった。

2019年F1第13戦ベルギーGP チームはアントワーヌ・ユベールを追悼するステッカーを貼って戦った
2019年F1第13戦ベルギーGP チームはアントワーヌ・ユベールを追悼するステッカーを貼って戦った